icon_reread
また読みたい
フォロー
凍鶴(上)
30円で「松乃屋」に売られてきた十三歳のつる。“仕込っ子(芸者見習い)”として、朝は掃除、洗濯、使い走りに追われ、夜は姐さん芸者のあとを三味線を運んだり、泊まるときの着替えを届けたりしながら一人前の芸者をめざす。
凍鶴(下)
つるは、名を「おつる」から「鶴菊」に改め、お披露目の日を迎える。「松乃屋」のお女将が選んだ旦那との初床も終え、芸者としての一歩を踏み出す。米一俵の値段で売られてきた女が、花柳界にその名を残す名妓として成長していく。