【デジタルリマスター版】電人ザボーガー 電子特典付き

【デジタルリマスター版】電人ザボーガー 電子特典付き

コミカライズの巨匠 一峰大二の作品がデジタルリマスターとして登場です!デビュー作の「からくり屋敷の秘密」から幻の単行本未収録作品を含め63年たった現代の最新作まで。一峰大二先生本人の監修のもと【一峰大二大全集】がいよいよ創刊! 第三弾はいまだに熱狂的ファンが多い不朽の名作、うしおそうじ先生原作。特撮ロボット漫画『電人ザボーガー』!!一峰大二先生ご本人が直々に監修されより鮮明に、見開きページなどに加筆修正がくわえられたデジタルリマスター版として大登場!!狂気の天才科学者『悪之宮博士』が率いる謎の犯罪組織Σ(シグマ)団!ミスボーグ!ブルガンダー!カーボーグ!恐怖のロボットたちが襲い来る!父を殺したΣ団を倒すため大門豊の怒りの電流がほとばしりザボーガーが敵を迎え撃つ!『チェンジ!電人ザボーガー!』秘密刑事・大門豊の分身であり、その兄弟…無敵のロボットザボーガー繰り出せ!チェーンパンチ!狙え!速射破壊銃!!いまだ!飛竜三段蹴り!!!悪の陰謀を打ち砕け!! 巻末にはデジタル版限定の付録としてノンクレジットイラストや高精細スキャン原稿データなどのおまけを収録!
【デジタルリマスター版】ほのぼの彩ちゃん

【デジタルリマスター版】ほのぼの彩ちゃん

一峰大二大全集 第2弾巨匠・一峰大二の作品がデジタルリマスターで甦る!!今まで単行本化されていない、まぼろしの未収録作品を含め、デビュー作の「からくり屋敷の秘密」から63年たった現代まで。一峰大二先生本人の監修のもと送り出される!『一峰大二大全集』第2弾として登場する作品は『ほのぼの彩ちゃん』美人でかわいくて成績トップ!才色兼備の学級委員、彩ちゃんを中心に巻き起こるほのぼの学園ストーリー。恐竜・キャンプ・探検・クリスマス・宇宙人…当時子供だった大人たちが小学生の頃を思い出す、温かくて優しいお話たち。未単行本化の貴重な作品を電子書籍で堪能してください!
【デジタルリマスター版】電人アロー

【デジタルリマスター版】電人アロー

コミカライズの匠 一峰大二の作品がデジタルリマスターとして登場!今まで単行本化されていない、まぼろしの未収録作品を含め、デビュー作の「からくり屋敷の秘密」から63年たった現代まで。一峰大二先生本人の監修のもと【一峰大二大全集】がいよいよ創刊! 第一弾は、一峰大二自身がオリジナル作品としてもっとも思い入れの強い、SF漫画の大名作。あの『電人アロー』!! あの伝説の漫画雑誌。「少年」に、「鉄腕アトム」「鉄人28号」に続き3大SF連載作品として、大人気を博した無敵のサイボーグヒーロー「電人アロー」 襲い来る宿敵「Xファイター」動く「化石恐竜」恐怖の気体化人間「0細胞」次々と起こる怪事件に怪人、怪ロボット!利夫少年のアロー銃が夜空に浮かび、光のマークとともに僕らのアローお兄さんがやってくる! キューンキューンと超エネルギー伝達!ギューーーーンとアロー号が空を飛び、ビビビビビビ!と電光スピアが唸りをあげる! 旧作に続く続刊には、なんと半世紀の歳月を超えて、一峰大二画業60周年記念作品として新たなアローの戦いが執筆進行中!「電人アロー」の物語はまだまだ終わってはいなかったのだ! 当時の科学的根拠を土台にした物語は、単なる空想科学漫画の枠を飛び越してかつての少年大熱狂の渦に飲み込んだ最高の王道SFアクション巨編が!今、蘇る! 巻末にはデジタル版限定の付録として『一峰大二の仕事』を収録!未公開の下書きやイメージボードを蔵出し公開!!
リバースの塔

リバースの塔

そこに悠久の歴史を眺めてきた一つの塔があった。歴史とは巨大な塔から眺める景色に似ている。この塔の窓から見る眺めは、角度こそ違え、どの階からも同じ風景が見渡せる。歴史における人間模様もまた同じだ。正義、悪、男と女、夢、挫折、そして愛と裏切り。この作品はすべて読み切りの短編集であり、そこに描かれるのは少し不思議なストーリー。【第1話 祖母の話】祖母の時代から続く女の宿業、繰り返される負の人生の不安と葛藤の果てに何があるのか。【第2話 確かなもの】徐々に失われていく視力。やがて乳白色の世界にいざなわれていく男が最後に見たものとは。【第3話 分岐点】突然現れた複数のドッペルゲンガー。それらは必ず失敗しない人生を示唆してくれる、しかしそれによって男の人生はどこに向かっていったのか。【第4話 告白】永遠に繰り返される、ある日の告白、夢のまた夢の果てに何が待っているのか。【第5話 右腕】交通事故で失った右腕の幻肢痛、しかしその幻肢痛が奇跡を起こす。【第6話 妄執】母と息子の異常な日常、ゆがんだ愛情と妄執、そしてついに訪れる悲劇。すべて単行本未収録作品ばかりを集めた短編オムニバス。塔の名は「リバースの塔」様々な宿命や岐路に立たされた人間たちの運命をあなたはその塔の上から垣間見る…塔の名は「リバースの塔」あまたの人生を眺め続けた、異界の塔。
エデンの星

エデンの星

はじめに… この作品は実際にあった事実をベースに作られたものである。 この恐ろしい話と出会ったのはかれこれ30年以上昔の話。その頃はまだデビュー前の私は、本屋や図書館に通っては様々なネタを探していた。そんな中、ふと何かの本で目にしたエピソードがこの話の根底にある。 それは第二次世界大戦中、旧ソ連で起こった実際の悲劇。ドイツ軍によってソ連兵7名が捕虜となり、国境近くの小さな教会の地下室で丸裸の状態で閉じ込められた。そして、約2カ月がたった頃、ようやく戦争は終結に向かい、捕虜となった7名の内、2名が仲間のソ連軍によって救出され【奇跡的】に生還した―、という物語である。 【奇跡的】にという言葉はある種、とても便利な言葉だ。しかし、そこに想像が介入することで物語は途端に現実性をおび、醜怪さや悍ましさ、狂気や悲憤、そして絶望などが一気に表面化する。彼らは60日にも及ぶ監禁生活の中、いったいどのようにして生き伸びてきたのか。このテーマは若かった私にはあまりにも重いテーマだった。いったんはネーム(漫画を作る上での設計図のようなもの)を起こしてみたがそれはただ単に事実をトレースしただけのもので、命の尊厳も何もないただのコマの羅列でしかなく、とても作品と呼べるような代物ではなかった。 それから10年ほどした頃だろうか。私はその頃細々とやっていた連載も打ち切りになり、生活のために、知り合いの漫画家のところでアシスタントをしたり、短編漫画を描いたり、小さなカットを描いたりして、なんとか糊口をしのいでいた。この先の漫画家人生に不安を思いつつ、持ち込み用作品を描くためネタ帳を漁っていた時、この漫画のプロットが目にとまった。その頃、デビューして10年も過ぎた私には、カニバリズムを含む作品が如何に掲載が難しいか、商業ベースで使えないジャンルであるなど、十分にわかってもいたが、気が付いたときには夢中でこの作品を描いていた。 今振り返ると、キャラクターの絵柄をアニメ風にしてみたり、グロい表現をベタ(黒)で潰してみたりと、それなりに配慮をしているのがわかる。こうしてようやく完成した作品だったが、予想通り、どこの出版社に持ち込んでも、口をそろえたかのようにすべて拒絶された。 当たり前といえば当たり前の結果だった。 そしてこの作品は封印され、押し入れの奥で眠ることとなった。 その後、友人の漫画家からあのエピソードを基にした戯曲があると聞き、バリーコリンズの「審判」を探し出し夢中になって読んだ。またその戯曲が一人芝居にもなっていると聞いて、それも見に行った。バリーコリンズの戯曲は一人芝居という切り口で、生き残った最後の一人が主人公として法廷で告白し、その事件を淡々と語っていくという手法で、それは私にとって大変衝撃的だった。 一人芝居という発想は漫画には無い。(もちろん別格的に優れた一人キャラの作品もあるが)基本的に物語をキャラクターと絵で見せていく手法と、言葉による力で想像を喚起させる手法とではまったく真逆のものであるからだ。そして、同じテーマを扱っても、戯曲や芝居では世に出せる物語も漫画の世界ではタブー視されることもまた真逆だと感じたし、それに対する憤りも感じた。 ともかく、私の「エデンの星」はその後も眠り続け、気が付けば描き上げてから四半世紀が過ぎようとしていた。 今現在、漫画家たちは、出版社の型から飛び出しはじめ、自ら作品を直接読者へ発表できる時代になった。今回長い、監禁生活を強いられてきた、拙作「エデンの星」がようやく押し入れの暗闇から光のある世界へ踏み出し、読者の皆様に読んでいただけることを本当にうれしく、感謝の思いしかない。 主人公の「ヒロ」は作中でも閉じ込められ、そして現実世界でも閉じ込められ続けた私の漫画の中ではもっとも可哀そうな主人公であり、私が最も思い入れのある主人公かもしれません。 最後に、最後まで読んでくださった皆様に心からの御礼を申し上げます。佐佐木あつし