悪役令嬢は聖女ルートを望まない ~私、イケメン攻略なんてしたくないんです~【分冊版】3話

悪役令嬢は聖女ルートを望まない ~私、イケメン攻略なんてしたくないんです~【分冊版】

私に伽なんてできるわけがないじゃない!私は乙女ゲームにハマっている地味な干物女だったはずなのに、気づけばなぜかそのゲームの悪役令嬢・アリッサになっていた。しかもヒロインを陥れることに失敗したアリッサは、ヒロインの代わりに聖女の名目で娼婦としてエロじじいのもとに送られる寸前!一刻も早く逃げないと……。侍女に扮して王宮から抜け出そうとするアリッサに救いの手を伸ばしてくれたのは鋭い瞳の謎のイケメン。しかし強引なその男は引き換えに伽を命じてきて――!?

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
できそこない魔女の嫁入り~かつての弟子からこじらせ溺愛されて成り上がります~【分冊版】4話

できそこない魔女の嫁入り~かつての弟子からこじらせ溺愛されて成り上がります~【分冊版】

奴隷オークションで私を買ったのは、かつての弟子!?片角が折れているせいで魔法が使えない亜人のリーニャは、祖国である亜人の国を追われ、人間の国で薬を売って暮らしていた。ある日売れ残っていた奴隷の少年・ジルと出会う。彼の持つ膨大な魔力に目をつけ弟子にすることにしたリーニャだったが、ジルは愛が重い子だったようで―…?

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
勇者に裏切られた転生治癒士が魔王の寵姫になるまで【分冊版】6話

勇者に裏切られた転生治癒士が魔王の寵姫になるまで【分冊版】

お前は私に捧げられた花嫁だ転生し孤児として異世界で育ったアリシアは、幼馴染のクリスと婚約をしていた。しかし勇者になったクリスが聖女イレーネ姫に一目ぼれ。姫の誘惑に負け、アリシアを刺してしまう。失意のアリシアを助けたのは敵だったはずの魔王で―…。

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
二度目の初恋がこじれた魔女は、ときめくと放電します【分冊版】6話

二度目の初恋がこじれた魔女は、ときめくと放電します【分冊版】

「ディアナは可愛くない」──十年前、隣に住むユリウス・ロークの言葉がトラウマとなり、田舎の別邸に引きこもりとなったディアナ・レーメル。代々、魔力で魔道具製作を行う家系のふたりは、王都の夜会で二度目の再会を果たし…。ところが、シスコン過ぎる兄が開発したディアナに寄りつく虫を撃退するための“男避指輪”が彼に放電して? 初恋に破れ、今度は好きな人にときめいてはいけないなんてどうしたらいいの──…。

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
悪役令嬢は嫌なので、医務室助手になりました。【分冊版】7話

悪役令嬢は嫌なので、医務室助手になりました。【分冊版】

悪役令嬢、辞めます!「私、悪役令嬢だったわ……」ある日、レイラ=ヴィヴィアンヌは前世が日本人であることと、今の自分が乙女ゲームの中に出てくるライバルキャラクターであることを思い出した。その乙女ゲームの中のレイラ=ヴィヴィアンヌは、攻略対象である王太子の婚約者だけど、特にヒロインをいじめたりしていないのに、兄のルート以外では死ぬ運命という不遇なキャラ。死亡フラグを回避するためにレイラは、そもそもゲームの舞台である魔術学園に“学生として”入学しなければいいのでは?と思いつく。そう、レイラは『医務室助手』として学園に入ることを選び、攻略対象たちとヒロインと関わらないようにするが…?

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
魔力のないオタク令嬢は、次期公爵様の一途な溺愛に翻弄される【分冊版】9話

魔力のないオタク令嬢は、次期公爵様の一途な溺愛に翻弄される【分冊版】

――僕から逃げられるとは思わないで?貴族でありながら魔力のない伯爵令嬢・アリツィアは帳簿付けに夢中で社交界に一切興味なし。しかし将来を心配した父に命じられ、自分で結婚相手を見つけるハメに。しぶしぶ赴いたサンミエスク公爵家の舞踏会で留学から戻った令息・ミロスワフと久しぶりに再会する。実はミロスワフとは4年前に出会い、家族にも内緒でずっと文通をしていたのだ。そして数多の令嬢が花嫁の座を狙うミロスワフから、アリツィアは一途に想われていたけれど――!?

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
チラチラ【単話】 16巻

チラチラ【単話】

柔肌を伝う汗、紅潮する頬、徐々に荒くなっていく吐息… 二人きりの密室で時間を忘れ、今夜はあの子と心ゆくまで―― ちょっぴりエッチなサウナコメディ、開幕! これじゃ、ととのいません!

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
キング・フロムヘル【タテスク】 第108話

キング・フロムヘル【タテスク】

10年前――突如現れた悪魔達により、世界は7日間で壊滅した。悪魔に襲われた人間は魔獣と化す。妻を亡くし幼い娘・美卯と2人で暮らしていた英司も、ついに女悪魔・キメラの眷属となってしまった。1年後には魔獣となり娘と別れる運命……と絶望していた英司だが、キメラの真名を知ったことで主従関係は逆転し――!? 英司は自身が魔獣となってしまう前に、キメラを魔王に育てあげ、娘のために平和な世界を作ることを決意する!

試し読み
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
最下層から逃れてきた宮女見習いは虎皇帝の花嫁となる 7

最下層から逃れてきた宮女見習いは虎皇帝の花嫁となる

新しい皇帝になって数年。役人を大量に粛清したり、宴ばかり開いて散財してるという悪い噂が絶えず皇帝は『狂王』として恐れられていた。そんな皇帝が後宮の宮女を募集しているという。シュシュはとある理由から宮女を希望するが、役人にからまれているところを皇帝に助けられて…!?【恋するソワレ】

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
冥界の王の嫁 11

冥界の王の嫁

「帰る場所がないならここに置いてやろう」その男は艶やかなえんじ色の髪で、この世のものとは思えないほど美しかった――…。政財界の要人も通う高級料亭・花乃屋で働く菊花(きくか)は、ここの当主と愛人の子。優しくて大好きだった母親は体が弱く、早くに亡くなってしまった。そこからは義母と義妹からのいじめに耐えながら懸命に仲居として働く毎日。「何があっても人を恨まないで。ずっと笑顔でいれば大丈夫」母との約束を守る菊花。しかし義妹のいじめはエスカレートしていき、ついに夜の山奥に捨てられてしまう。絶望の中、菊花がたどり着いたのは「地獄の入り口」と町で噂されている大きな屋敷。しかしそこにいたのは美しく優しい男・焔(ほむら)だった。しかも何故か彼は菊花をすごく甘やかしてくれて――…!? 【恋するソワレ】

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
呪われ王子とわけあり結婚~危ない求愛から逃げられません!~3

呪われ王子とわけあり結婚~危ない求愛から逃げられません!~

「おそれながら申し上げます あなたさまは…呪われています」見習いを卒業し、呪術師になったばかりのリア。「女呪術師は婚期を逃しやすいから」と家族からお見合いを勧められるも、子供っぽい見た目のせいか、会うことすらままならず1年が過ぎてしまった。家族に申し訳ないと思っていた矢先、不審死が続き呪われていると噂が絶えない王室から縁談が……!王太子フィン殿下に憧れていたリアは「側にいられるなら」と迷わず受け入れる。さっそく迎えた初夜、ようやく会えたと思ったフィン殿下はどうやら”わけあり”のようで――?

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する
死にかけ令嬢ですが冷徹な騎士様と理想の殿方を探します!4

死にかけ令嬢ですが冷徹な騎士様と理想の殿方を探します!

生まれつき身体が弱く『死にかけ令嬢』と呼ばれる侯爵令嬢カーリンは、両親に大切に育てられた”超”の付く箱入り娘。それなりに健康になったものの、若い男という生き物をまったく知らずに育ってしまった…。結婚適齢期になり、父からのお見合い話に食いつくが、お相手は騎士団長である父の部下ゲラルド。曲がったことが嫌いで『鋼鉄の定規』の異名を持つ彼は、騎士には珍しく頭脳派で硬派な男。なんとお見合いの席で「私は女性が嫌いです」と言い放つ。さらにカーリンの「では、殿方が好きということですか。奇遇ですね、わたしもです!」という斜め上かつポジティブな理解が加わり、ふたりで『理想の殿方』探しを始めることになって……!?

本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
完了する

もっとみる