表紙のデザインが刊行途中で変わった漫画

一番下のコメントへ

「そう言えば単行本のシリーズ途中でデザインがガラッと変わったやつってよくあるよな〜」とふと思い立てました。

・既刊は旧デザインで途中から新デザイン
・順次、既刊も新デザインに差し替え

デザイン変更の理由は、売上促進のためだったりストーリーの区切り(第二部・新章)に入ったからだったり様々だと思いますが、なんでもOKです!OKです!

表紙の変更といえば【電子版】花とゆめ花とゆめ…と思ったらもう7年も前なんですね(衝撃)

6月より新デザインの花とゆめコミックス登場花とゆめコミックスと言えば、赤・白・青のトリコロールカラーのラインに、白い余白と赤字の作品タイトル、四角い枠と作者イラスト、というフォーマットでおなじみでしたが、このフォーマットを変更した新しいデザインのコミックスが2013年6月より順次刊行されはじめ...

この時期に刊行された作品はシリーズ途中で変わってるの多いですね。

それでも世界は美しいそれでも世界は美しい


マダム・プティマダム・プティ

福満しげゆき「僕の小規模な生活」 作中で「表紙が悪いから売れないんだ…もっと聖☆おにいさんみたいにしてください…!」って描いてて、そしたら3巻がすごくそれっぽくなってたので面白かったです。

福満しげゆき「僕の小規模な生活」 作中で「表紙が悪いから売れないんだ…もっと聖☆おにいさんみたいにしてください…!」って描いてて、そしたら3巻がすごくそれっぽくなってたので面白かったです。

@かしこ

気になって確かめたんですけど、たしかにこの巻だけ他の巻よりだいぶポップで日常日常系な感じですね。3巻だけ明るくて続刊は元に戻ってるの面白い…!

室井大資の秋津。 2巻でたのと同時に、1巻のデザインが2巻に合わせて変わっちゃった。 https://manba.co.jp/boards/16676 マンバだと前のデザインを見れるけど、変更後はこれ。↓
camera

室井大資の秋津。 2巻でたのと同時に、1巻のデザインが2巻に合わせて変わっちゃった。 https://manba.co.jp/boards/16676 マンバだと前のデザインを見れるけど、変更後はこれ。↓

室井大資の秋津...
@nyae

秋津って単行本の表紙こんなだったんですね。
前のデザインシンプルですごくかっこいいんですけど、ちょっとお洒落すぎる感じがしなくでもないですね。
新デザインはお洒落でしかも作風が伝わってきて「なるほどな」という感じです。

トピックからちょっとずれますが…SO YOUNGSO YOUNGは各巻ごとに表紙のデザインが全く違います。

基本的に漫画の表紙ってタイトルロゴや雰囲気が一貫してて統一感があると思うんですけど、この作品は全部バラバラで面白いです。

Change! カバーと同時にタイトルも変更となり「和歌のお嬢様、ラップはじめました。」のサブタイトルが追加。しかもそのサブタイが表紙にドーンっていう衝撃の変更でした。 https://manba.co.jp/boards/89281

Change! カバーと同時にタイトルも変更となり「和歌のお嬢様、ラップはじめました。」のサブタイトルが追加。しかもそのサブタイが表紙にドーンっていう衝撃の変更でした。 https://manba.co.jp/boards/89281

@ななし

ここまでガラッと変わると戸惑いますね…!

夜光雲のサリッサ夜光雲のサリッサ松田未来松田未来 ※Kome※Kome

自分が持ってる本と表紙違うな…と思って調べてみたら電子版と書籍版でカバーが別の絵になってるんですね。
ロゴもだいぶ雰囲気変わってる。どっちもカッコイイ

松田未来×※Kome/著。成層圏を超えた高みより飛来する謎の巨大生命体・天翔体人知を超えたその怪物に対する切り札はひとりの女子高生だった!?

「ピアノの森」は10巻からアッパーズ→モーニングに移って表紙が漂白されたよね

「ピアノの森」は10巻からアッパーズ→モーニングに移って表紙が漂白されたよね

@名無し

アッパーズの表紙見たことなかったです。英語版Wikiの書影がこっちになってるみたいですね。「The perfect world of KAIKAI」ってサブタイがあったのも知らなかった…!

コメントする