このデビュー作が凄い!

一番下のコメントへ

どんな漫画家さんにもデビュー作というものがありますが
「この人1作目からこんなに面白いの!?」とか
「最近デビューしたこの人めっちゃすげえ!」とか
「デビュー作こういう感じなんだ、意外!」とか
とにかくデビュー作について語ってみませんか?
作品についてでも漫画家さんについてでも、デビューにまつわることならなんでもどうぞ!

私は西島大介西島大介先生の「凹村戦争凹村戦争」を読んで
デビュー作からこんな世界を描けるなんて凄いな…と感動しました。

藤田和日郎藤田和日郎「連絡船奇譚」
不気味さ、怪異、熱いキャラ、歴史の因縁とか藤田作品のエッセンスが詰まっていて今読んでも唸ってしまいます。短編集の『夜の歌』に収録されてます

コメントする