お知らせ
現在、検索候補表示・絞り込み検索・無料マンガ画面にて障害が発生しています。ご迷惑をおかけしますが今しばらくお待ちください。【更新: 1/26(水)21:30】自由広場の検索が復旧しました。全面復旧は1/28(金)を予定しています。

どんな漫画家さんにもデビュー作というものがありますが
「この人1作目からこんなに面白いの!?」とか
「最近デビューしたこの人めっちゃすげえ!」とか
「デビュー作こういう感じなんだ、意外!」とか
とにかくデビュー作について語ってみませんか?
作品についてでも漫画家さんについてでも、デビューにまつわることならなんでもどうぞ!

私は西島大介先生の「凹村戦争」を読んで
デビュー作からこんな世界を描けるなんて凄いな…と感動しました。

藤田和日郎「連絡船奇譚」
不気味さ、怪異、熱いキャラ、歴史の因縁とか藤田作品のエッセンスが詰まっていて今読んでも唸ってしまいます。短編集の『夜の歌』に収録されてます

亜人ちゃんは語りたいペトス先生はこれが初連載、なのにアニメ化、スピンオフもやってるってすごい

とある高校を舞台に、サキュバス、バンパイア、デュラハン、雪女といった亜人たちの日常をキュートに描く「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」の1巻が、本日3月6日に発売された。期待の新人・ペトスがヤングマガジン サード(講談社)にて連載している同作。彼にとって初連載作ながら、同じく本日発売の同誌Vol....

和山やま先生のデビュー作・優等生の問題

今と違う作風だけど片鱗は確かに感じる

ストーリー 成山高校2年生・稲葉明(いなばあきら)は、品行方正・成績優秀で次期生徒会長候補。教員からの信頼も厚く、かつ明るく気さくな人柄から同級生からも慕われていた。しかし、そんな彼にも由々しき問題があった............。 ちば先生より ...

和山やま先生のデビュー作・優等生の問題 今と違う作風だけど片鱗は確かに感じる www.moae.jp:8080/comic/chibasho_yutoseinomondai

和山やま先生のデビュー作・優等生の問題 今と違う作風だけど片鱗は確かに感じる www.moae.jp:8080/comic/chibasho_yutoseinomondai

@名無し

デビュー作からやっぱり面白い…!

花沢健吾は「特火点 花沢健吾短篇集」に収録されてる屋上から飛び降りようとする男女の話がデビュー作だったような気がする。すごくよかった。本人もコメントで「賞を取れると思ってた」と言ってたのも覚えてる。

このデビュー作が凄い!にコメントする