reread
また読みたい
フォロー
ペットショップで売れ残っていた一匹の成猫。日に日に値段が下げられ、見向きもされず、諦めていた猫の前に一人の男性が現れる。彼が告げた言葉とは…「私が欲しくなったのです」これは誰かに愛されたかった猫とおじさまの、心温まる日々を紡いだ物語。※こちらの商品をご購入の方には、購入から1~2週間以内にデジタル版限定描き下ろし特典イラストを付与させていただきます。※
「今すぐ抱きしめたいと思ったんだ」ある日、一人の男性が一匹の猫と出会った。猫など飼ったことのない彼にとって、その「ふくまる」と名付けた猫との日々は驚きと、そして喜びの連続だった。それはふくまるにとっても同様で。手さぐりで進む二人の日常は、止まっていた男性の時間をゆっくり動かしてゆく…。これは誰かに愛されたかった猫とおじさまの、心温まる日々を紡いだ物語。※こちらの商品をご購入の方には、購入から1~2週間以内にデジタル版限定特典イラストを付与させていただきます。※
「パパさんが望むにゃら ふくまる うーんと長生きするにゃ」 パパさんことおじさまと暮らす、猫のふくまる。 ある日連れていかれた先は病院で…ふくまる大ピンチ! おじさまは内心大ピンチ? 目まぐるしい日々を送るなか、家に訪れた、おじさまの 同僚と親友。彼らを通して、おじさまが時折見せる涙の理由が明かされていく。これは、孤独を知った一匹と一人が紡ぐ物語。
「出会った時から 飼うと決めた時から お前はもう家族だよ」 天才ピアニスト・神田冬樹の実力を、憎む男がいた。その男は、母親から猫を押しつけられ仕方なく猫用品を買いに行った店で偶然にも神田と出会ってしまう。初めて猫を飼うのだと男が話すとなんと神田は家に来ると言い出して!? 猫と猫とが結ぶ縁が、新たな物語を紡ぎ出してゆく。※こちらの商品には、巻末にデジタル版限定特典イラストが収録されています。※