reread
また読みたい
フォロー
舞台は“魔女”が人々の崇拝を集める街――。そこに現れたのは、棺桶を背負う男と、獣の目をした少女。彼等の求める獲物は“魔女”、そのただ一つ。悪しき“魔女”と飢えた“野獣”が出会う時、華麗にして苛烈な戦いの幕が開く! 新進気鋭の才能が描く、未踏のピカレスク・ファンタジー!!
ハイデン市を脅かす、“魔女”による連続猟奇殺人――通称「魔女の戯れ事件」。繰り返される凶行を止めることができぬまま、ある日、苦闘する市警達を嘲笑うかのように警察署に殺人予告が届く。事件を解決しに訪れたギド達にとって、それは“魔女”からの宣戦布告だった! 残忍極まりない“魔女”の暴走を、『魔響教団』随一の無法者と魔術師は喰い止める事が出来るのか…!?
『魔響教団』から新たに“魔女事件”の解決を命じられたギドとアシャフ。遠く離れた第三大陸で起きたその事件では、“魔女”の手によるとおぼしき惨殺遺体が多数出ていた。久々に“魔女”と相対するチャンスだったが、そこにはギド達にとって最も厄介な存在である“魔女狩り”のエキスパート集団『聖騎士団』が訪れており‥‥!? 両者による苛烈な “魔女”の奪い合いが始まる!!
“処刑人”に捕らわれたヘルガを救出しようとしたギド。しかし脱出寸前でヘルガが足を掴まれてしまい、あえなく失敗に終わる。辛うじて“魔剣”を奪い返し更なる反撃を図るも、アシャフは精霊魔法によって動きを封じられ、『聖騎士団』大隊長・クーガも部下による裏切りに遭い満身創痍。“魔剣”の力を解放しようとする“処刑人”の暴走を止める事は出来るのか‥‥!?
ギドの目の前に姿を現した、宿怨の“魔女”アンジェラ!予期せぬ登場に驚きを隠せないギドだったが、自らに“呪い”を掛けた張本人が目の前に現れ、その怒りは頂点に達してしまい…!? 激しい衝突は再びギドを獣へと戻し、久々にその暴虐ぶりに直面したアシャフの口から、初めて二人の“過去”が明かされる――。