reread
また読みたい
フォロー
止まるわけにはいかない宮本大は、単身ヨーロッパに渡る。降り立ったのはドイツ・ミュンヘン。伝手も知人もなく、ドイツ語も知らず、テナーサックスと強い志があるだけだ。「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」練習できる場を探すところから始まる挑戦。大の音は、欧州でも響くのか―――
ドイツ・ミュンヘンで、小さなソロライブを2度開いた宮本 大。逃げ場もない状況でたった独りで演奏しきった大は、手応えを得る。音は、自分は、通じるんだ―― そして組むメンバーを探し始めた大が やっと見つけたのは、強く激しくプレーする小さな女性ベーシスト・ハンナ…!!
ついに仲間を得た。音が加速する第3集。ドイツ・ハンブルク。共に演奏していくことを約束した大とハンナは音を合わせを続けるが、2人の息と考え方は一向に一致しない。そんな時、大が楽器店店主のボリスに「デュオライブを開きたい」と申し出る。ボリスが集めた客は、ドイツジャズ界の重鎮達。失敗できない状況で、大とハンナの演奏は…!? そして、物語は他メンバーを探し、ベルリンに移る。
カルテット結成!! 4人が揃う第4集!! ベルリンに移動した大とハンナは、ピアニストとドラマーを探している。強力で個性的なメンバーを。まずは、ポーランド出身のブルーノ。攻撃的な性格だが、繊細なピアノを弾くこの男が、大達に誘われ、因縁のあるフリードラマー、フランス出身のラファエルを口説く。ついに4人は、カルテット結成を懸け、セッションすることになるが!?
大のカルテット、欧州ツアーへ。テナーサックスの大、ベースのハンナ、ピアノのブルーノ、ドラムのラファエル。強力な音を持つ4人が、組んだ。ベルリンでのファーストライブ、他の選択肢など持たない4人は 成功するしかないのだが!? そして、新たなピースはドライバー兼 マネージャーのガブリエル!! カルテットは、人知れずツアーを始める。
カルテットが波に乗り始めた第6集!! 小さなジャズクラブを回る大のカルテットは、PRのためフランクフルト空港に置かれている「誰でも弾けるピアノ」に目をつける。ピアニスト・ブルーノが弾こうとした時、そこにいたのはクラシック界の新星にしてブルーノのかつての競争相手だった。ブルーノはクラシックとジャズの連弾を申し出て…!? そして、カルテットはオランダに移り、ジャズフェスティバルのオーディションを受ける…!!
初開催フェスにカルテットの音が響く…!! 初開催フェスのオープニング・アクトをつとめることになった大達は、素人の主催者達 初めて人前で演奏する少年達 ビジネスとして出演するレジェンド、目の前のあらゆる人々の思いを抱えてステージに立つ。観客は、まだ少ないが…!? そして、カルテットの前に大と同じテナーの超絶プレーヤーが現れる…
大不在の「NUMBER FIVE」で強く激しく存在感を示すのは英国から来たスーパーテナープレーヤー・アーネスト・ハーグリーブス。再び合流した大とアーネスト、まったくタイプの違う2人が同じステージで吹く…!! ツアーを続けるカルテットは、ついに芸術の都・パリへ。そこで大は、ドラムのラファエルに「革命」を求める―――――
大、初のアルバムが欧州を席巻してゆく…! ヨーロッパを回りライブを続けるカルテット「NUMBER FIVE」にアルバム制作のオファーが届く。送り込まれたレコーディングエンジニアは 大達の激しく特別な音に驚き、最大限に魅力を活かす録音をしようと…!? リリースされた初アルバムは、ライバルであるアーネストのアルバムと競り合いながら欧州ジャズ界に強く大きく響いて―――!?