あらすじ

シマリスくんはおとうさんから呼ばれて、「わが家に代々伝わる大切なもの」を渡された。それが何なのかがわかれば、親が子にゆずるものだという。シマリスくんは調べはじめたが、ぼのぼのに聞いても、ぼのぼののおとうさんに聞いても、アライグマくんに聞いてもわからない。