reread
また読みたい
フォロー
ボクはここにいるボクはここにいるボクがここにいるのはいるからだボクがここにいるからだボクはいればいいんだここにいればいいんだボクはいればいいんだここにいればいいんだったら――ラッコの「ぼのぼの」と森の仲間が繰り広げる、かわいくてちょっとヘンな日常。
ぼのぼのはいつも貝を持ってる。ぼのぼのの皮はダブダブだけど、ぼのぼのにはシボウがないから、すぐ食べないと死んじゃうからだ。ところが、割れちゃった貝を食べちゃったぼのぼのには、もう貝がない。シマリスくんを追って、アライグマくんと湖に来たぼのぼのはついに困ったことに…!?
シマリスくんには家族がいる。シマリスくんの家にショーねえちゃんとダイねえちゃんが遊びにやって来た。大きいおねえちゃん、ダイねえちゃんはきびしい。小さいおねえちゃん、ショーねえちゃんはいじめる。いじめられているシマリスくんのところへ、ぼのぼのが遊びにやってきた。
フェネックギツネくんは「うたうたい」になりたい。シマリスくんも「うたうたい」になることにした。でもみんなうたをきいてくれないので、フェネックギツネくんのおとうさんにきいてもらうことにした。フェネックギツネくんのおとうさんは「踊りおどり」になりたかった。
ヒグマの大将がヘンなヒグマとケンカしたらしい。大ケガして動けないらしい。ぼのぼのは、スナドリネコさんに教えてあげなきゃと思った。でも、アライグマくんはオトナはそうゆうことはとっくに知ってるという。スナドリネコさんはもういなかった。助けにいったんだろうか。
アライグマくんはおとうさんにアイソをつかして、別々にくらそうと思った。アライグマくんは、ぼのぼのとシマリスくんをつれて新しい棲み家をさがすことにした。シマリスくんは、「ジリツ」にくわしいシマリスくんのおねえちゃんたちのところに、アライグマくんを連れていった。
ビーバーのボーズくんはシマリスくんに会いに大冒険に出た。友達になったキツネくんと一緒に、物知りリスさんの案内で、シマリスくんの家にやっとたどり着いたボーズくんだったが、シマリスくんはいなかった。シマリスくんを強くてかっこいいと信じているボーズくんだけど…!?
ヒグマのカシラとゴンゾがスナドリネコさんの過去を調べているらしい。情報を知ったスナドリネコさんは家をはなれ、海の方へ避難していた。カシラとゴンゾにつかまってしまったクズリくんのおとうさんをスナドリネコさんに助けてもらおうと、ぼのぼのたちは海へ向かうが…!?
ふらっと出て行って、めったに帰ってこないアライグマくんのおかあさんが、ひょっこり帰って来た。アライグマくんのおとうさんはおかあさんに会いたがらない。アライグマくんは気をきかせておかあさんをおとうさんのところへ連れていった。二人の間には一体何があったんだろう。
シマリスくんはおとうさんから呼ばれて、「わが家に代々伝わる大切なもの」を渡された。それが何なのかがわかれば、親が子にゆずるものだという。シマリスくんは調べはじめたが、ぼのぼのに聞いても、ぼのぼののおとうさんに聞いても、アライグマくんに聞いてもわからない。