icon_reread
また読みたい
フォロー
ふしぎ遊戯(1)
中学3年生の夕城美朱(みあか)は現在、花の受験生。女手ひとつで育ててくれた母親の期待に応えるために、超難関進学校の城南学院を目指して猛勉強の毎日を送っている。ある日、美朱は親友の唯と受験勉強をしていた図書館で「四神天地書」という古い本を見つけた。この本を読み終わると、本の主人公と同じように朱雀(すざく)の力を手に入れて、望みがかなうという。その本を開いてしまった2人は、本の中に吸い込まれてしまい…!?
ふしぎ遊戯(2)
本の中に吸い込まれ、物語の主人公になった美朱。紅南国の皇帝・星宿(ほとほり)に頼まれ、国を護る「朱雀の巫子」として国を導くことになった。しかし、疲労と精神的ショックのために倒れてしまう。鬼宿(たまほめ)たちは美朱を回復させるために、いったん元の世界に戻そうと考えたがその方法がわからなくて…。
ふしぎ遊戯(3)
太一君(たいいつくん)の力を借りてなんとか本の世界から戻れた美朱。しかし、自分の代わりに「四神天地書」の中に入ってしまった唯を捜すために、再び本の世界へ。そして、鬼宿の故郷の村で彼と再会。ところが、村には「朱雀の巫子」を狙って紅南国と敵対する倶東(くとう)国の魔の手が伸びていた。
ふしぎ遊戯(4)
本の世界に入ってしまった唯は、「美朱は自分を助けに来てくれた」と思っていた。しかし、鬼宿との愛を確かめ合った美朱が「鬼宿に会いたくて戻ってきた」と言うのを聞いてショックを受ける。裏切られたと思った唯は、復讐のため青龍の巫子となり、美朱と敵対する。
ふしぎ遊戯(5)
朱雀を呼び出して、紅南国を護り、唯との友情を元通りにする────そのために、残りの朱雀七星士を捜す旅にでた美朱。そして、新たな七星士・軫宿(みつかけ)をみつけることができた。これで、鬼宿、星宿(ほとほり)、柳宿(ぬりこ)、井宿(ちちり)、翼宿(たすき)と合わせて6人。残るは張宿(ちりこ)ただ1人。
ふしぎ遊戯(6)
唯に蠱毒(こどく)を飲まされた鬼宿は、記憶も人格も変えられてしまう。美朱を憎み、命を狙うようになってしまったのだ。もはや昔の鬼宿には戻らないと知ってしまった美朱は、彼に別れを告げた。そして、傷心のあまり自らの命を絶とうとする。その場はなんとか星宿に救われた美朱。そして、星宿から「一緒になってほしい」と告白され…。
ふしぎ遊戯(7)
今まで美朱たちと行動を共にしてきた張宿は、実は青龍七星士の1人・亢宿だった。だまされていた美朱たちは、その後、本物の張宿を見つけだす。ところが、朱雀を呼び出す儀式に失敗し、さらに「四神天地書」を灰にしてしまった。朱雀を召喚する方法を失ってしまった美朱たちは…。
ふしぎ遊戯(8)
朱雀を呼び出すために、美朱たちは「神座宝」を求め北甲(ほっかん)国へ向かった。しかし、途中で、青龍七星士の房宿(そい)の起こした嵐に巻き込まれ、女誠(にょせい)国に流れついてしまった。この国は、女尊男卑の国で、男はみんな目をえぐり取られて、女の道具とされてしまうのだった。
ふしぎ遊戯(9)
朱雀七星士・柳宿は、「神座宝」のあるという洞窟の前で、青龍七星士の1人・尾宿(あしたれ)と闘った。戦いには勝利したものの、自らも深手を負ってしまい、柳宿は美朱たちの前で静かに息をひきとった。仲間の死に動揺してしまった美朱は、朱雀の召喚をあきらめようとする。
ふしぎ遊戯(10)
青龍七星士・心宿(なかご)に汚され、「朱雀の巫子」の資格をなくしたと思い込む美朱。山中で、大イタチに襲われる美朱だが、青龍七星士・角宿(すぼし)によく似た男に助けてもらう。実は、その男は角宿の双子の兄で、以前、美朱たちをだましていて、川に落ちて死んだと思われていた、青龍七星士の1人・亢宿(あみぼし)だった。