また読みたい
フォロー
最悪の展開、到来! 由美の存在を峻堂に知られてしまった…! 雄飛、為す術なし! 陰で差配する雄飛の手腕により、大垣組は峻堂のシマを次々に奪取、最大の牙城だったボクシング興行までをも奪い取ることに成功! さらにはその試合で、雄飛は日本チャンピオンにも輝く。怒りに燃える峻堂は大垣組の舎弟をさらい、若頭・成沢の弱みを探ろうと拷問するが、そこで舎弟の男は大垣組の中心は弱冠18歳の雄飛であることを暴露してしまう! 峻堂は驚愕し、その毒牙を恋人・由美に向けることとなった…!
「悪の教典」の作家・貴志祐介氏、絶賛! 雄飛と烈。二人にとって命よりも大事な人、まち子姉さん危うし! 峻堂(しゅんどう)に歯向かい旭翔会に居られなくなった烈(いさお)は、雄飛のはからいで大垣組の庇護下に入った。天涯孤独の身だった烈は、大垣組の連中やまち子や岡田、勝太郎(しょうたろう)らに囲まれ、生まれて初めて「人のあたたかみ」を知ってゆく… そんな折、旭翔会の残党達が雄飛とまち子の関係に気付き、彼女を襲おうと狙いを定めた! 雄飛にとって、そして今や烈にとっても命より大事な人・まち子姉さん… その窮地を二人は救うことが出来るのか!?
恐怖、来日! 最凶最悪の殺し屋たち、登場! 北原と世紀の一戦を控えた雄飛! だが水面下で峻堂が最凶の殺し屋たちを解き放つ…! 復讐相手・峻堂との戦いに備えるためボクシングを辞める決断をした雄飛。最後の対戦相手は憧れだった北原慎一に決まった。一方、姿を消していた峻堂は、大陸で凄腕の殺し屋たちを雇って極秘裏に帰還、雄飛の身の回りの人々を次々に狙っていく… 試合を前に、姿の見えない刺客の存在に気持ちを乱される雄飛! そんな中、遂に北原との世紀の一戦が幕を開ける…!
人生VS人生。雄飛、最後のリングへ! 復讐相手・峻堂との戦いに専念するため、プロボクサー引退を決めた雄飛。最後の対戦相手は、憧れの天才ボクサー・北原慎一! 互いの人生を背負って、凄絶な戦いを繰り広げる二人! 長き死闘の果てに…!? そして雄飛の引退会見に世間が大騒ぎする中、幼馴染みの青葉と雄飛が急接近! 恋心が芽生え始めて… 一方、峻堂が雇った姿の見えない殺し屋たちの尻尾を… 雄飛ら大垣組がついに掴んだ… が!! 雄飛の運命が大きく動く、怒濤の最新刊!
幼馴染みの二人がいま、男と女になる。接近する雄飛と青葉! 迫り来る殺し屋の影! 死と隣り合わせの愛が激しく燃え上がる! 峻堂の雇った殺し屋たちから仲間を守るため、本格的に大垣組の中心となり動き出した雄飛は、一方で孤独で不安な胸中を幼馴染みの青葉だけに打ち明け、二人の仲は急接近していく。一方、峻堂は雄飛の身の回りの人物に次々と狙いを定めて殺し屋を差し向けてくる! 姿の見えない殺し屋に防戦一方を強いられる雄飛は、遂に峻堂と直接会い、今まで峻堂を襲った数々の不幸が偶然ではなく全て自分が仕組んだことだと明かし挑発! 怒った峻堂は…!?
巨匠・小山ゆうが描く昭和復讐巨編、完結! 復讐だけを胸に誓い、激動の昭和を駆け抜けた 一人の青年の大河ロマン、ここに堂々完結! 自分を陥れた数々の不運が、すべて雄飛が仕組んでいたことを知った峻堂は、標的をついに雄飛本人に定める。だが、殺し屋の小燕(シャウエン)は峻堂の指令を己の信念から断った。なんとか説得すべく、峻堂は小燕を自分の屋敷に連れてこさせるが…事態は思わぬ展開に!? 一方の雄飛は、免許をとったばかりの青葉とドライブデートに興じるが、峻堂邸で思いがけぬ動きがあったことを知り、峻堂と決着をつけるべく一か八かの賭けに出る…! 巨匠の渾身作、堂々の最終巻!