icon_reread
また読みたい
フォロー
リクドウ(1)
父親を失った少年・芥生リクは借金取りの元ボクサー・所沢京介と出会う。理不尽に満ちたこの世界で、人は何をよすがに生き抜くのか。戦うのか。人生という茨の道を歩む芥生リクの破格の拳闘ストーリー!少年には何もない。その拳以外は。
リクドウ(2)
高校生プロボクサーとなった芥生リクが迎えたデビュー戦。対戦相手は、幼き息子に勇姿を見せたいと意気込むベテラン菊池。まさに幼い頃渇望していた「父子の姿」を目にしたリクは…!?芥生リクの拳は、何を拒否するのか。
リクドウ(3)
同級生プロボクサー三瀬早とのデビュー2戦目、ついにゴング。自らを“特別な存在”と位置づけ、リクを軽んじる三瀬早に対して芥生リクの拳は果たして…! そして、ついに新人ボクサーの登竜門・東日本新人王トーナメントにも突入! 17歳、半端な自信は砕け散る。
リクドウ(4)
元キックボクサーの石蕗がみせる「所沢仕込みのボクシング」の前に、リクは初めてダウンを喫する。東日本新人王トーナメント1回戦、どとうのファイトの行方は!? 一方、ボクシングにのめり込むリクを止めたい苗代の想いは募っていき──。 リング上、最後に立つのは一人だけ。
リクドウ(5)
元世界王者を父に持つ天才サラブレッド・兵動楓との対決。所沢から「お前は勝てない」といわれたリクは、兵動を倒して所沢に認められることを願い、リングに立つ。 想いは、取りつかれて漸く本物。少年達は、骨を断たせて何を斬る──! 殴りあうために出会った二人。
リクドウ(6)
天才・兵動との試合も残り2ラウンド。敗色濃厚な中、セコンドの馬場だけがリクの可能性を信じていた。 拳闘は、限界を超えてからが勝負。少年は何を差し出し、何を奪うのか? 東日本新人王2回戦、ついに決着の時──!! 得るんだ。自分の拳を──。
リクドウ(7)
次なる相手は、日本ランク14位の米国人エドガルド・ガーベラ。スラムでの過酷な生い立ちをもち、力で全てをほしいままにしようとするガーベラに対し、リクの拳は…!? 日本ランク獲得を懸けた激闘、ついにゴング! この男は、同類か?
リクドウ(8)
リクが逃した全日本新人王を制した警察官ボクサー・伏黒との対戦が決まる。正義感にあふれ、真面目で謙虚な人柄の伏黒がリングに求めるものとは…? そして、そのセコンドには、かつて馬場ジムにも所属した老獪なベテランボクサーの影が! 解放したいのは暴力性か。
リクドウ(9)
三原念願の日本タイトルの対戦相手は元OPBFライト級王者の柳涼太郎。椿のベルトを守るためタイトルに臨む三原に対し“狙撃手”柳は…? 日本ライト級タイトルマッチ、ベルトを懸けた激闘の行方は…!? 命をどこまで投げ出せるか──。
リクドウ(10)
ライト級ダブルタイトルマッチの熱も冷めやらぬ中、リクに巣立ちのときが訪れる。卒業式に向かう途中、目の前に現れた所沢。リクの成長は所沢の眼にどう映るのか…? 弱冠17歳のWBCアジア王者・神代晴司も新登場。年下のスターを目にしたリクは…!? 漂う、王者の風格──。