icon_reread
また読みたい
フォロー
アザミの城の魔女(1)
スコットランド・エディンバラ。寂れた便利屋を営むマリーは、世界を構成する「精霊」と交渉する術「魔法」を会得した、正真正銘の魔女。そんな彼女のもとに、ロンドンの教会から、魔法使い見習いの少年が連れられて来る。しかし、それは最厄の少年であった――。万物に宿る精霊とともに、魔女と少年は肩を寄せあい、大人になる。美しき白亜の異国を舞台に繰り広げられる、新たな魔法の物語。
アザミの城の魔女(2)
テオとマリーがパリで出会った魔法使いの弟子・シャルル。テオとも仲良く振る舞っているがマリーは一抹の不安を抱く。そんな中、魔法使いの記念パーティーが開宴。喧騒の中、シャルルがテオを誘い出し、その本性を表す――。孤独な魔女と呪われた弟子が贈る、新たな魔法の物語、第2巻!
アザミの城の魔女(3)
呪われた少年と、欠けた魔女。寄り添う先に光はあるか――。魔法使いとしての基礎を身につけるため、魔法学校に入学したテオ。クラスメイトにも受け入れられ、前途洋々な学園生活が送れるかと思った矢先、テオの「義憤の血」を狙う集団が、学校へと襲撃をかける…。光に憧れ、闇に誘われる、魔法師弟譚、第3巻。