07/17(金)まで
読める!
reread
また読みたい
フォロー
極道めし(1)
全国から極道たちが集まる浪花南刑務所……。毎年、クリスマス・イブの夜に密やかに開かれる男たちの闘いがあった。刑務所では年に一度の楽しみとして、誰もが心待ちにしている“おせち料理”を賭けての“めし”自慢バトル!!待望のおせち料理は誰の手に!?
極道めし(2)
大晦日の浪花南刑務所…。ここで今まさに、極道たちの熱い闘いが決着を迎えようとしていた。刑務所の一年で最高の贅沢品“おせち料理”を賭けての“めし”自慢バトル!!極上の旨いモン話に喉が鳴る!腹も鳴る!!
極道めし(3)
全国から札付きの極道たちが集まる浪花南刑務所…。毎年、クリスマス・イブの夜に密やかに開かれる熱き男たちの闘いがあった。刑務所の年に一度の楽しみとして、誰もが心待ちにしている“おせち料理”を賭けての“シャバめし自慢バトル”!!304号房で繰り広げられた白熱の第2シーズン、ついに決着!!
極道めし(4)
全国から札付きの極道たちが集まる浪花南刑務所…。毎年、クリスマス・イブの夜に密やかに開かれる熱き男たちの闘いがあった。刑務所の年に一度の楽しみとして、誰もが心待ちにしている“おせち料理”を賭けての“シャバめし自慢バトル”!!熱々のコロッケ…甘~いホットケーキ……情たっぷりの激旨ドラマに喉を鳴らせ!!
極道めし(5)
全国から札付きの極道たちが集まる浪花南刑務所…。毎年、クリスマス・イブの夜に密やかに開かれる熱き男たちの闘いがあった。刑務所の年に一度の楽しみとして、誰もが心待ちにしている“おせち料理”を賭けての“シャバめし自慢バトル”!!母ちゃんのしょうが焼き…醤油がジュワ~のサザエの壷焼き……極上の旨いモン話がしのぎを削り合う!!
極道めし(6)
「このマンガがすごい!2008」で第7位に選ばれて以来、未だメディアから高い評価を受け続け、グルメ漫画の最先端を突き進む本作の第6巻!浪花南刑務所での“シャバめし自慢バトル”はいよいよ大詰め。風呂上りのひんやり冷えたミカンに対抗するのは、圧倒的な肉……?男たちが勝負を終えた時、紀州女子刑務所では、お菓子を賭けた女囚たちのバトルが始まろうとしていた――!
極道めし(7)
紀州女子刑務所での“シャバ料理自慢バトル”に決着が着いた頃、某TV局プロデューサーによる、ある企画が動き出そうとしていた。なんとそれは、元服役囚たちを一堂に集め、刑務所内で食べたローカル食の話で競わせるという、“塀の中の三ツ星グルメ”話バトル!!仙台、高松、広島、博多……知られざる刑務所メシの世界が明らかに――!!
極道めし(8)
“塀の中の三ツ星グルメ”を語り尽くした元囚人たちの間でまことしやかに噂された「話王」の存在。決してはずさない飯話を語るという伝説の話王は、全国の刑務所に数人存在する……。そんな話を耳にし、調査に乗り出したのは噺家の梅松師匠。訪れた刑務所の面会室で、梅松と刑務官の「ゴクッ」がこだまする!?
極道めし(9)
全国の刑務所に散らばる10人の「話王」たち。麺王、寿司王、定食王、ドヤ飯王などと呼ばれ、飯話を語らせれば右に出る者のいないと言われる彼らが、近畿地方の某刑務所に集められた。その目的はなんと、話王たちによる飯話大喜利大会の開催!第1ラウンドのお題「自炊飯」に対し、次々と繰り広げられる話王流グルメ話に囚人たち、悶絶!!
極道めし(10)
「話王」たちによる飯話大喜利バトルもいよいよ大詰め!舌ならぬ耳の肥えた囚人たちをうならすラーメン話とは!?そして、とある刑務所内では「もし…この飯が人生最後の飯やったら…」という男の一言から、“最後めし”語りが始まり……。最後に喉を鳴らすのはステーキか、握りか、はたまたお茶漬けか!?異色グルメ漫画、ついに完結!!