11/05(木)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー
アド・アストラ ―スキピオとハンニバル―(1)
荒木飛呂彦氏激賞!紀元前3世紀、台頭著しい共和政ローマを恐怖の底に突き落とした男がいた。ハンニバル・バルカ──ローマ史上最大の敵となった怪物と、彼からローマを守った英雄プブリウス・コルネリウス・スキピオ。同時代を生きた二人の戦いが、今幕を開ける!!
アド・アストラ ―スキピオとハンニバル―(2)
『キングダム』の原泰久氏絶賛!ローマの執政官の一人センプロニウスはハンニバルの才を軽んじ、トレビア河を渡り敵陣へと攻め入ってしまう。渡河で体力を消耗した歩兵を待ち受けていたのは、ハンニバルの恐るべき戦術だった──。
アド・アストラ ―スキピオとハンニバル―(3)
トレビアの戦いに敗れたローマは、続くトラシメヌス湖畔の戦いでも一敗地に塗れた。非常事態に独裁官に就いたのはクィントゥス・ファビウス・マクシムス。彼が選んだ持久戦略に不満を持つミヌキウスは、カンパニアでの包囲戦で…!?
アド・アストラ ―スキピオとハンニバル―(4)
執政官となったミヌキウスはハンニバルとの会戦に打って出た。しかし地形と敵将の性格を知り尽くしたハンニバルが待ち受けていて…!辛く当たられながらもミヌキウスを庇うアエミリウス。二人の過去とは?
アド・アストラ ―スキピオとハンニバル―(5)
紀元前216年、夏。最大の危機がローマを襲う。ヴァロとアエミリウス、二人の執政官に率いられたローマ軍は、カンナエの地でハンニバルと相見えることに。これまでと同様の、地形を利用した包囲戦術を予想したローマだったが、ハンニバルには別の狙いがあった…。
アド・アストラ ―スキピオとハンニバル―(6)
5万が8万を包囲する――。攻勢かと思われた中央での戦闘はハンニバルの誘いでしかなかった。ハンニバル軍に包囲されたローマ軍は混乱を来し、さらに状況を悪化させる。アエミリウスやミヌキウスをはじめ、死者の数はおよそ6万。カンナエの戦いはローマ空前の大敗に終わった。
アド・アストラ ―スキピオとハンニバル―(7)
カンナエでの大敗の後、ローマ軍を率いる猛将マルケルスの下で、スキピオはノラの戦いに臨む。スキピオが提案した作戦とは…!? 一方カルタゴでは、不満を抱くマハルバルがハンニバルとの対立を深めていた。
アド・アストラ ―スキピオとハンニバル―(8)
シラクサにアルキメデス在り。仇討ちを誓うガイウスのためスキピオは一計を案じ、マハルバルを孤立させることに成功。一騎討ちの末、ガイウスは復讐を果たす。次なる戦いの相手はシシリア島最大の都市シラクサ。ローマは天才数学者アルキメデスが発明する武器に苦しめられていた。
アド・アストラ ―スキピオとハンニバル―(9)
大都市カプアとシラクサの奪還。ローマ反撃気配の中、イベリアに赴いていた遠征軍が敗北、スキピオの父が討ち死にした。25歳という異例の若さで執政官代理に就任したスキピオは、味方をも驚かせるカルタゴ・ノヴァ攻めでカルタゴに立ち向かうが…!?
アド・アストラ ―スキピオとハンニバル―(10)
マルケルスを、謀殺する――。ローマ侵攻を目論むハンニバルの前に猛将・マルケルスが立ちはだかる。「ローマの剣」と呼ばれ、精鋭を率いるマルケルスの前に膠着状態に陥っていたハンニバルはそこに一計を案じる…。一方、イベリア半島でスキピオと戦っていたハッシュは独自の行動に出るのだが、そこには思わぬ事態が待っていた…。