icon_reread
また読みたい
フォロー
ザ・シェフ(1)
法外な報酬を要求するが、依頼人の希望に応じて料理を作り上げる天才シェフ・味沢匠(あじさわ・たくみ)の活躍を描いた料理劇画。石油産出国であるパミール王国でその全権を握る大臣は、外務省関係者がもてなす帝都ホテルの晩餐をほとんど食べ残して帰る。そこで「幻の料理人」と呼ばれる天才シェフ・味沢匠が、大臣を満足させる晩餐を作るように依頼されるが、味沢はその報酬として500万円を提示して……!?
ザ・シェフ(2)
外食産業チェーン「ゆうきフーズ」のハンバーガーショップが近くにでき、お客が減ってしまったレストラン「レンガ亭」の鍋島(なべしま)に、打開策として三日間だけ腕をふるってほしいと依頼された味沢匠(あじさわ・たくみ)。しかしそれでは根本的な打開策にはならないと考えた味沢は、レンガ亭とゆうきフーズの公開試食会でハンバーグステーキの料理勝負をするのだが……!?
ザ・シェフ(3)
すぐトラブルを起こしてレストランを転々としているコック見習い・太一(たいち)は、正月に自分が育った養護施設「希望の里」へ帰る。そこで一流ホテルのレストランで重要なポジションであるセカンドをやっていると大口を叩いた太一は、たまたま希望の里へ来ていた味沢匠(あじさわ・たくみ)と夕食のメニューを作る事になり、西洋風オードブルを任されてしまうのだが……!?
ザ・シェフ(4)
M市観光ホテルで入院が長引きそうな現料理長に代わって、セカンドコックの上岡(かみおか)、堤(つつみ)のどちらを次の料理長にするかについて参考意見を出すことになった味沢匠(あじさわ・たくみ)。代理料理長として上岡と堤の仕事ぶりを見ていた味沢は、ある日、2人にカキのフローレンス風グラタンを一つずつ作らせて客に出し、上岡のグラタンのほうが高評価を得るのだが……!?
ザ・シェフ(5)
幼なじみの鮎子(あゆこ)と二十年ぶりに会った味沢匠(あじさわ・たくみ)は、その後、鮎子と結婚した旧友・貢(みつぐ)と話をするが、彼はギャンブルにはまって鮎子が営むレストラン「エトランゼ」以外はすべての財産を使い果たしていた。そしてなんとか用意した五百万円で味沢にエトランゼの再興を依頼した鮎子だったが、その金を見てギャンブル熱に浮かれる貢は、鮎子の母の形見であるネックレスにまで手を出そうとして……!?
ザ・シェフ(6)
御曹司・結城明人(ゆうき・あきひと)の会社で働く父親をクビにするぞと脅される哲男(てつお)は、明人に馬鹿にされながらこき使われる日々を送っていた。そこへ料理を作るためにやってきた味沢匠(あじさわ・たくみ)は、豪華客船のコックとなって海で生きたいという哲男の夢を知り、実現すべきだと語るが、しがらみに悩む哲男は卑屈になる。そして明人に激怒した哲男は、猛毒を持つオコゼの棘を明人に食べさせようとして……!?
ザ・シェフ(7)
台風の夜、弟子の太一(たいち)へヒラメのムース・ソース・アメリケーヌを出した味沢匠(あじさわ・たくみ)。その料理のうまさに感嘆した太一は、なぜ急にこの料理を作ったのかと尋ね、味沢は台風になるとある出来事を思い出してこの料理を作ってみたくなるのだと答える。その出来事とは25年前、画家の父、ピアニストの母とともにマルセイユ行きの船に乗っていた幼い味沢は、この料理を堪能した後、悲劇に見舞われて……!?
ザ・シェフ(8)
新橋ファーストホテルを定年で退職となった料理人・樋口(ひぐち)は、支配人に頼んで明日の会食料理である明治四年の天長節奉祝晩餐会のメニューを再現したディナーを自分に任せてもらおうとするが、味沢匠(あじさわ・たくみ)に依頼していると言われてしまう。そして翌日、厨房で味沢の作るメニューをチェックしていた樋口は、メニューにあるルルヴェ料理について味沢へ意見し、急遽その料理作りを任せられて……!?
ザ・シェフ(9)
金持ち子息令嬢達の成人祝いのホームパーティ料理を依頼された味沢匠(あじさわ・たくみ)は、その前日に腕の傷が痛み出してしまう。そんな味沢を心配する弟子の太一(たいち)は、自分の成人式をあきらめて味沢についていく。そして依頼人の豪邸で料理を作ろうとした味沢は、腕が痛んで料理できず依頼を断ろうとするが、太一が自分にやらせてくれと言い出して……!?
ザ・シェフ(10)
とあるバーで一人お酒を飲んでいたワケアリ美女・沙夜子(さよこ)は、たまたまそのバーで飲みに来た味沢匠(あじさわ・たくみ)に、今日は自分の誕生日なので何か料理を作ってほしいと頼み込む。一度は断った味沢だったが、バーのマスターにもお願いされて、バーにある材料で即興に生野菜のカクテルソースを作り上げる。そしてマスターも沙夜子へオリジナルカクテル「ミッドナイト・レディー」をプレゼントして……!?