あらすじ

新橋ファーストホテルを定年で退職となった料理人・樋口(ひぐち)は、支配人に頼んで明日の会食料理である明治四年の天長節奉祝晩餐会のメニューを再現したディナーを自分に任せてもらおうとするが、味沢匠(あじさわ・たくみ)に依頼していると言われてしまう。そして翌日、厨房で味沢の作るメニューをチェックしていた樋口は、メニューにあるルルヴェ料理について味沢へ意見し、急遽その料理作りを任せられて……!?