あらすじ

台風の夜、弟子の太一(たいち)へヒラメのムース・ソース・アメリケーヌを出した味沢匠(あじさわ・たくみ)。その料理のうまさに感嘆した太一は、なぜ急にこの料理を作ったのかと尋ね、味沢は台風になるとある出来事を思い出してこの料理を作ってみたくなるのだと答える。その出来事とは25年前、画家の父、ピアニストの母とともにマルセイユ行きの船に乗っていた幼い味沢は、この料理を堪能した後、悲劇に見舞われて……!?