あらすじ

互いを信じることができず、殺し合う女生徒たち。悲痛な惨劇の中をひとり生き延びたのは、皮肉にもその発端を作った榊祐子だった。銃声を聞いた七原秋也は現場へと駆けつけるが、恐怖に支配され理性を失った榊は、その秋也に向け、銃を構えた…。信じるものは、殺される。それがこのゲームの真実なのか。冷酷無比なルールに抗い、人を信じようとする秋也に未来はあるのか。残り9人。終局へと向け、プログラムは進む。