icon_reread
また読みたい
フォロー
湾岸MIDNIGHT(1)
解体所でスクラップ寸前の「フェアレディS30Z」――。アキオが出会ったバキバキチューンのこの魔物は、かつて3人ものオーナーを飲み込んできたという伝説を持つ、その名も“悪魔のZ”だった――。“Z”の魔性に導かれていくアキオは、超速のポルシェ「ブラックバード」を駆る“湾岸の帝王”と対決することに。そして……新たなる伝説(レジェンド)へ……。熱き想いが、路面を焦がして疾走する。鉄の四輪に魅入(みい)られた、男たちの闘い。それは……、湾岸ストーリー!
湾岸MIDNIGHT(2)
アキオが駆る車、「フェアレディS30Z」。またの名、“悪魔のZ”――。圧倒的な魅力ゆえ、見る者、駆る者の心をかき乱して虜(とりこ)にする。しかしそいつは、裏切りと暴走の予感をはらんだ“魔性のマシン”……。湾岸線を疾走する“悪魔”に魅せられてしまった、GT-R、ポルシェ・ターボ、テスタロッサのドライバー男女6人たち。それぞれの運命が動き始めたいま、湾岸は……!?
湾岸MIDNIGHT(3)
「今夜限りあのZを、そしてあいつを忘れろ」――。それは車を愛する者ならば、誰もが果たせぬ「約束」だった。夜空をつらぬく凱歌(がいか)をあとに、しなやかに加速してゆく“悪魔のZ”。追走するブラックバードとテスタロッサ……。それぞれのせつない思いをちりばめた、最後の走りが湾岸線を縫いあわせ、そして……!?やがてまた、“悪魔のZ”に魅せられて、運命を狂わす男が現れる――。深まる情熱、湾岸モーターストーリー。
湾岸MIDNIGHT(4)
静寂のガレージにその身をゆだねるフェアレディS30Z。音速の輝きに魅せられた男たちの情熱が、“悪魔のZ”の鼓動を甦(よみがえ)らせる……。最高、最速の“悪魔”に選ばれし男、アキオの手によって……今いちど、伝説が咆哮(ほうこう)の時を迎える。男たちの熱き想いが込められた、湾岸モーターストーリー!!
湾岸MIDNIGHT(5)
たとえすべてを失ったとしても、知りたいことがある。「一体、誰が一番速いのか?」――公道300km/h。スピードという名の麻薬にとりつかれた男たちが、蘇(よみがえ)りし“悪魔のZ”を追う!!湾岸、狂った最高速ステージ。まるで悪魔に飲み込まれていくかのように、決着の時は迫るのだが……!!
湾岸MIDNIGHT(6)
フェアレディS30Zに魅入(みい)られし男がまたひとり。ロータリーを駆り、かつて“湾岸最速”と呼ばれた男、マサキ。“地獄のチューナー”北見と、“悪魔のZ”に燃やす激しい対抗心は、オーバー300km/hの戦慄(せんりつ)と誘惑の中で激しくきしみ、揺れる……!!RX-7・FD3S。ブラックバード、れいなのGT-Rとともに、追撃態勢が整うのだが……!?
湾岸MIDNIGHT(7)
S30Z――。「向こう側」の世界に心を奪われた者たちをいざなう、その圧倒的な魔力……。「走ることがすべて」――その意思がある限り、同じ匂いを持つ者すべてが、終わりなきステージを走り続ける!!S30、FD、911のマシンが、頂上決戦のステージC1(首都高速都心環状線)にいま、集結する!揺れる鼓動、熱い魂。湾岸モーターストーリー!!
湾岸MIDNIGHT(8)
魔性の姿に魅せられた男たち。鉄の塊(カタマリ)を信じ、鉄の塊に愛された男たち。S30Z、FD、911――。それぞれに命を託し、奇跡の到来をかたくなに信じる。そして……。誰ひとり考えようともしなかった「赤坂ストレート300km/h」。ワントライで、すべてのケリはつくのだろうか……!?男たちの熱き想いを乗せた、迫真の湾岸モーターストーリー!!
湾岸MIDNIGHT(9)
かつて湾岸に君臨した“幻の最高速ランナー”相沢(あいざわ)。極限のステージに上がるのは、その遺伝子を継ぐ男、ケイだった!!環状・湾岸・横羽――。“首都高”と名のつく全線制覇のため、80スープラに、己のすべてを捧げつづける!!標的は“悪魔のZ”……。15年の歳月を経て、男たちの情熱が銀色のボディに集約されるのだが……!?色あせない時の流れに乗せてめぐる、湾岸モーターストーリー!!
湾岸MIDNIGHT(10)
もう忘れてしまった情熱。遠く、最高速の彼方に置き忘れてしまった情熱――。“幻の最高速ランナー”相沢(あいざわ)。15年もの時を経て、その忘れ形見・ケイが、“あの時”と同じステージに立つ。「首都高制覇」――。そのためにいま一度、男たちの夢が蘇(よみがえ)る。男たちの情熱がリンクする!!!!その全霊が宿る車、80スープラ。色あせぬ時の流れ……湾岸モーターストーリー!!