reread
また読みたい
フォロー
蒼天航路(1)
“乱世の姦雄(かんゆう)”と呼ばれ、中国史上に巨大な悪名を残した英雄・曹操(そうそう)。だがその破格な生き様は、天に愛された者のみが持つ輝きに満ちている。この物語は、その輝きによって照らし出される新たな「三国志」である。
蒼天航路(2)
鮮やかに天下を論じる少年・曹操(そうそう)を前に、「爆烈団」の頭目・李烈(りれつ)は破滅。都・洛陽(らくよう)で青年へと成長した曹操は、胡人(こじん)の娘・水晶(すいしょう)と恋に落ちた。だがこの美しい少女は、帝国の実力者である大宦官(だいかんがん)・張譲(ちょうじょう)の、淫靡な楽しみの道具にされてしまう。
蒼天航路(3)
洛陽(らくよう)の都を震え上がらせる鬼の北部尉(ほくぶい)・曹操(そうそう)は、宮廷に暗躍する宦官(かんがん)の縁者をも、容赦なく厳罰に処す。そして今、曹操は、中国史上最大のタブー「党錮(とうこ)の禁」を暴こうとしている!
蒼天航路(4)
「黄巾(こうきん)の乱」勃発、大乱世到来!!曹操(そうそう)、劉備(りゅうび)に続く第三の男――孫堅(そんけん)登場。衝撃のネオ三国志!!冀州頓丘(きしゅうとんきゅう)の県令に赴任した曹操(そうそう)は、搾取を続けていた悪徳官吏を一掃!その後、職を辞し、郷里に雌伏の日々を過ごす。もうひとりの英雄・劉備(りゅうび)は、関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)と運命的な出会いを遂げる。
蒼天航路(5)
黄巾党(こうきんとう)の最重要拠点・昆陽(こんよう)の食糧砦(とりで)を味方もろとも焼き滅ぼした曹操(そうそう)。この「黄巾の乱」以後、中国各地に臥龍(がりょう)たちが続々と出現し、大乱世へと突入した。漢帝国400年の栄華が一大危機に瀕(ひん)しているとき、魔王・董卓(とうたく)は、天下を我が物にせんと進軍を開始する。
蒼天航路(6)
魔王・董卓(とうたく)率いる暴虐の軍団が、瞬時のうちに都・洛陽(らくよう)を手中にした。曹操(そうそう)は各地の群雄に大義の檄(げき)を飛ばし、袁紹(えんしょう)を盟主とした反董卓連合軍を結成!天下の行方は今、2大勢力が激突する決戦地・し水関(しすいかん)にあり!!
蒼天航路(7)
魔王・董卓(とうたく)の死によってさらに加速する大乱世。曹操(そうそう)は、エン州(えんしゅう)の地で再び勢いを盛り返し、猛り狂う青州黄巾党(せいしゅうこうきんとう)の大軍団と対峙していた。曹操の完璧な籠城の前に窮する黄巾党の長老達。その時、曹操は、驚天動地の宣言を発する。“青州黄巾党のすべてを曹操の民とする”と。
蒼天航路(8)
曹操(そうそう)は、父を見殺しにした徐州牧(じょしゅうぼく)・陶謙(とうけん)を討つべく進軍を続けていた。その間隙を狙い、一人の男が天下をその手に収めようと、軍勢を率いて、曹操の本拠地・エン州(えんしゅう)を急襲した。獰猛(どうもう)なる“純一(じゅんいつ)戦士”・呂布(りょふ)。乱世の奸雄(かんゆう)・曹操。比類なき二人の英雄が、今、激突する!
蒼天航路(9)
皇帝の遠い子孫を自称する劉備(りゅうび)は、徐州(じょしゅう)の主となった。悪名高き奸雄(かんゆう)・曹操(そうそう)は、エン州(えんしゅう)で殖産に尽力している。時同じくして、長安(ちょうあん)を脱出した漢帝国皇帝・劉協(りゅうきょう)が旧都・洛陽(らくよう)に帰還した。誰もこれを護る者はない。中国全土を覆(おお)う大乱世は、ここに新局面を迎える!
蒼天航路(10)
覇道を歩む曹操(そうそう)は漢帝国第14代皇帝を奉戴(ほうたい)。予州(よしゅう)に新たな都・許(きょ)を築く。このことを知った最大勢力の袁紹(えんしょう)は激怒。一方、呂布(りょふ)に徐州(じょしゅう)を奪われた劉備(りゅうび)が、曹操のもとへ亡命。きらめく英雄達が大乱世の中で交錯する。