あらすじ

初芝電産会長の突然の死が、様々な波紋を巻き起こした。株のインサイダー取引が行われ、島耕作は知らぬ間に片棒をかつぐ。だが島は取り分としての金を受け取らなかった。副社長の後任争いの中でも、大泉派からの誘いをけった。そんな島を大泉は気に入り、副社長に就任後も、自らの派へ誘う。だが大泉の女・典子と島の関係がバレてしまった。島は異動となり、京都での生活が始まった。