落語を題材をしていながらも、ちゃんと「少年ジャンプ」している感じがすごい良いなぁと思う。

「少年ジャンプ」しているというワードが伝わるか不明なのですが、展開や登場人物どれをとってもジャンプ的で、落語といえば笑点しか知らないマンにとってはちょっとトッツキにくい題材でも、すんなり受け入れられました。(笑点が落語かどうか別として)

そしてすごくいい。

登場人物、特に主人公のあかねと父親の落語にかける情熱が共感できるんです。
よくわからない世界だと情熱傾ける動機を聞かされても
「ふーん、まぁ好き嫌いは人それぞれだしね(小並感)」
くらいで終わってしまうのですが、本作は
「わかる!頑張れ!」
となるから、ここもジャンプ的だと思います。

ひたむきな主人公に、ひたすら感情移入できる。

内容は、真打ち目指した落語家の父親が、その昇進試験でまさかの破門。父親を尊敬していた主人公あかねは、父親の敵と父親の凄さを証明するため落語の世界に入るという流れ。

難解な落語もわかりやすく、まぁ会場の空気感もグッと伝わる描写をしており、ここも魅力です。
落語みたこないけど、そんなにスゴイならみてみたくなります。

とある落語の一門に入門して、表ではみえない芸の世界の厳しさ、それに対しどう立ち向かうかと思うと楽しみな作品です。

ジャンプ×落語#1巻応援にコメントする
user_private
『あかね噺』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ

参加中のキャンペーン