一番下のコメントへ

たんこぶが積み重なったり倒れてきた電灯がキャラの形に凹むようなギャグ世界線で繰り広げられる愛と命を掛けた体操スポーツ漫画。1巻の1ページに昭和が凝縮されすぎてて好きです。

1〜3巻は昨今めっきりお目にかかれないラッキースケベのバーゲンセール。ヒロインの榛名ちゃんがタフで容赦なく太一を殴ってくれるからきっちりギャグになってて嫌な気持ちにならず読める。

とにかく女の子が可愛いくてすごい。
榛名ちゃん、沙織ちゃん、マドンナ麗華さん、エレナ、会長夫人……登場する女の子が全員タイプが違う美人で最高。

体操に詳しくないので作中の技がどれだけ古く難度の低いものになっているのか読みながら気になった。

後半ラブコメギャグ体操漫画がシリアスになってくる過程が面白い。
太一自身が生きてるのが不思議なレベルの怪我人で命を削ってまで真剣に体操に打ち込んでるのに、元はラブコメギャグ世界の住人だから榛名ちゃんに殴られてるのが草

大怪我から復帰した人間にさらに怪我をさせる(歩道橋から落下・ワイヤー衝突)。リハビリ仲間が体操の会場で死ぬ。医者は騒ぐだけでほとんど役に立たない。記憶喪失。いつの間にかフェードアウトするキャラの多さ。
五十嵐はともかく最初いたケンシロウはどこいったんだよマジ。

このライブ感という名の大味さがやはり最高です。
赤いウィンナーはいいものだ……。

太一の死を曖昧に描く最後のお陰でこの漫画は名作になったんじゃないかなと思う。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー