あらすじ

イガミ合いながらもお互い惹かれあう榛名と太一。そこに太一のことが好きな女子ジュニアの元チャンピオン・蓼科沙織があわられ、掻き乱される二人。一方、太一が追い続ける永遠のライバルは自分だという少年、五十嵐俊があらわれる。俊と太一との接点もまた、7年前にあった。訳あってロシアの指導者・ドロノワの指導を受けた俊は、共演会の西地区予選を圧倒的な強さで優勝。一方の太一は、東地区予選で苦戦を強いられる。