あらすじ

共演会予選を何とか通過した太一だったが、何かに焦り自分を追い込むように練習を続けていた。その様子を心配に思う榛名は、太一の通う病院へと向かう。だが、背中の傷の深刻さとその原因があの時の事故にあることを知った榛名はひどくショックを受ける。そんな時、同じ病院に入院しているあずさと出会う。あずさもまた、太一と同じく脊髄の病気で苦しんでいたが、想いを寄せる太一のために必死に生きようとしていた。