短いけど密度が濃いSF

一番下のコメントへ

今をときめくチェンソーマンチェンソーマンの主人公の名前や、作品観にも影響を与えたと作者が公言しているアバラ。

説明のなさでわからなさで楽しむタイプのいわゆるBLAME型SF。

キャラの造形もかっこいいし、シドニアにも設定とか用語の面で継承されている世界観っぽくて何度読んでも楽しい

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー