混じりっけのない純粋さ

一番下のコメントへ

怪物事変怪物事変藍本松藍本松先生のデビュー作(2007年週刊少年ジャンプジャンプ)

土を食べる“キメラキメラ人間”マディと、科学者グレイグレイハートフルハートフル活劇。何も知らず生まれたばかりの子ども同然のマディに対して、クレイが生きていく為に大切なことを教えながら、互いに影響を受け合い、成長していきます。

特に大きな盛り上がりを見せることもなく、ごく自然に2巻で打ち切りとなりました。

バトル漫画主体のジャンプにあって、バトル行くのか、またはコメディ路線なのか、ハートフルで行くのか、方向性で迷われた部分はあったように感じます。

変幻自在のマディの能力を持ってすれば、バトル漫画に全振りすることも出来たはずです。けれどそうしなかったのは、マディとクレイの二人をあるがままに描きたかったのではないでしょうか。
マディがマディのままであり続けた結果、打ち切りでも悲壮感は無く、またどこかで会えるような気持ちにさえなっていました。

藍本先生のキャラクターをどこまでも大切にする姿勢は、その後の作品にも多分に受け継がれていると思うのです。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー