一番下のコメントへ

もはや何でも異世界ってつけとけばオッケーってSEO対策みたいなタイトルで好き。主人公は13年勤めた雑誌が廃刊となり、とりあえず農作物を育てれば飢え死にしないという発想で千葉でコメ作りを始めるというあらすじ。

以前、違う年代の東京生まれ東京育ちの人に「どこから田舎なんですか?」って聞いたら声を揃えて「千葉の外房」って言われて衝撃を受けたことがあったのですが、この作品でも田んぼがあるのはまさに外房の「飛魚市」という設定となっています。

スタバまで10分!煩わしい近所付き合いなし!
都会人の考える夢のような田舎暮らしが楽しめる作品で、異世界(いなか)生活が今後どうなっていくのか楽しみです。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
う、うわ〜!全然異世界と思えない自分は異世界に住んでいたのか!! でもねこういう半分田舎半分都会な田舎で農作をするのが今の現代人にとっては最高の贅沢なんだよね…それはすごくわかる…

う、うわ〜!全然異世界と思えない自分は異世界に住んでいたのか!! でもねこういう半分田舎半分都会な田舎で農作をするのが今の現代人にとっては最高の贅沢なんだよね…それはすごくわかる…

@名無し

このレベルで異世界だったら地方はなんなの? 地獄かなにかか?って思った:joy:

都会の人にとっては夢の生活で面白いだろうけど、スタバまで車で20分はかかる地方の人間(これでもまだマシな方)として、この作品が楽しめるかどうか見極めたい

破格の家賃なのは、そのあとの修繕とか管理に金がかかるからだろうとは思ってたけど、それ以外の理由も多くて驚いた。
月2〜3回知らないおっさんが泊まりに来るとかなんだよw嫌だよ

メキシコ人おばあちゃんが住んでた魔女の家 外観かなり素敵で期待できそう
camera

メキシコ人おばあちゃんが住んでた魔女の家 外観かなり素敵で期待できそう

メキシコ人おば...
@名無し

期待通り中も良かった。
半農半Xねぇ…

高速バスで2時間の通勤はツライ!と思ったけど、夜景見て飲みながらの帰り道は楽しそうだった。一時的なものだしね。

1話からずっと小さなイライラを感じてるのは自分が都会から移住者を迎える側だからなんだろうな
こんなところに来て農業やってくれてありがとうって感謝しないといけない立場なのはわかってる

でもわざわざ自分から豊かな都会を捨てて不便なとこ来てはしゃいでるの見るとドス黒い気持ちが沸いてくるわ

1話からずっと小さなイライラを感じてるのは自分が都会から移住者を迎える側だからなんだろうな こんなところに来て農業やってくれてありがとうって感謝しないといけない立場なのはわかってる でもわざわざ自分から豊かな都会を捨てて不便なとこ来てはしゃいでるの見るとドス黒い気持ちが沸いてくるわ

1話からずっと小さなイライラを感じてるのは自分が都会から移住者を迎える側だからなんだろうな こんなところに来て農業やってくれてありがとうって感謝しないといけない立場なのはわかってる でもわざわざ自分から豊かな都会を捨てて不便なとこ来てはしゃいでるの見るとドス黒い気持ちが沸いてくるわ

@名無し

たまにイラッとしてしまうのは多分迎える側あるあるなのかもしれない。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー