苦楽外
完結
バスで寝過ごした男が辿りついたのは、海辺の田舎町。来たことがないはずなのに、男はその町に奇妙な既視感を覚える。帰りのバスもなく、町に留まらざるを得なくなったが、不思議な子供・カズキとの出会いを機に、男は旅することになる。隠された己の記憶を。幻想の世界へと迷い込む、牧歌的かつ危険なファンタジー。19Pの描き下ろし短篇も収録。