将太≒ガンジー説

一番下のコメントへ

物語として素晴らしい。
装備ゼロの勇者が敵を倒し故郷を救う物語でもあり
闘いの果てに愛と友情で世界を照らす物語でもあり
ひとりの少年が父を超えるイニシエーションの物語でもある。
関口将太くんが立派な寿司職人になるまでの成長物語、というワンセンテンスで片付けてはいけない。
関口将太が寿司を通じて人間力を高め、その清らかな心で病める人々を救う物語なのだ。
第一話から将太くんは間違いなくいい子であるが、困難に立ち向かい寿司の技術を身につけていき、人類がおよそ到達できないような高みにまでのぼりつめている。

ガンジーはピストルで襲撃され命を落とすその瞬間に、あなたを許すという意味のジェスチャーをしたと言われている。
関口将太自身を、関口将太の家族を苦しめ続けた笹寿司に対して何を見せたのか
人の心を失い修羅のように寿司を握った敵に対して何を見せたのか
その答えは、ガンジーが死の淵まで提示し続けた許しの心に匹敵するものではないか。
寿司を握るという行為を通じて、ひとりの少年が神の域にたどり着くまでをわたしたちは見届けることができるのだ。
将太の寿司将太の寿司は創世記である。
将太の寿司は神話である。
将太の寿司は…寿司がめちゃめちゃ美味しそうである。芽ねぎ食べたい!マグロステーキ食べたい!お寿司食べたい!!!

煩悩を刺激する神話ってすごくないですか?
地球に将太の寿司が産み落とされたという事実、それがもはや神の御加護なのでは…!?
将太くんが神なのか寺沢先生が神なのかはたまた寿司が神なのかもうわからないけれども、とにかく将太の寿司は全人類に読んでいただきたい漫画であること間違いなし。
全ての人類が将太くんのように常に誰かを思えば世界は変わるのではないか。
隣人を愛せよ、隣人に寿司を握れよ。こんなご時世だからこそ愛を忘れずに生きていきたい。

ちなみにわたしが好きなお寿司屋さんは回らないかっぱ寿司です。新幹線すこ。
というわけでワールドステージ読んできます。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー