部活で始める、釣り道楽。

一番下のコメントへ

本作の舞台のモデルは熊本県熊本県葦北郡芦北町。県南部の海沿いの町。

広い空、美しい海、誰もいない堤防。
そこで女子高生達が釣りに興じる……。

この空気感、例えば『ゆるさば。ゆるさば』や『東京のらぼう!東京のらぼう!』のような、爽快でゆったりした気持ち良さがある。

父の故郷に引っ越して来た、女子高生の鶴木陽渚。手芸が得意で生き物大嫌いな彼女だが、『ていぼう部』の部長に半ば強引にていぼう部に入部させられる。

昔よく遊んだ同学年の夏海、2年の大野を加えた四人の部活は、堤防側のプレハブを部室に(これがまた、憧れの秘密基地感!)平日の無人の堤防やサーフ、川などで活動する。

部活での釣りは、手軽なものが中心。
釣りにガツガツしない部長も、釣りガチ勢の大野も教え上手教え上手。初心者の陽渚に釣らせるため、部長は様々な策を(悪巧みしながら)考え、陽渚にミッションを与える。
苦手な生き物に卒倒しつつ、毎話新たな釣りの喜びと、魚の美味しさに目覚める陽渚は本当に楽しそう。

部活という枠組みは、釣り人にとって意外と嬉しいかもしれない。みんなが知識を持ち寄り、上手な人が初心者に教え、部の備品として道具を共有する。時にみんなで同じ魚種を狙い、時に分担してその日の食材を集める。なんかいいな……。

釣り以外の話題も、着衣泳、環境問題などの真面目要素、そして夏海とのテスト勉強や陽渚得意の手芸回と充実。キャラの性格が出ているエピソードに、ぐいぐい読み進めてしまう。

陽渚が釣りに夢中になっていく過程を追いながら、生き物嫌いとどう折り合いをつけるのか……若干心配だが、5巻でまだ夏休み前。これからもっと成長する、はず!

コメントする
reread
また読みたい
フォロー