昔の俺はなんでこの面白さがわからなかったんだ?

一番下のコメントへ

小学生くらいの時に読んだけど、あんまり面白くなくて途中で読むのをやめてしまった覚えがあったが最近小山ゆう小山ゆうの面白さに目覚めたので読んでみたがむちゃくちゃ面白い。

あらすじは最下級武士の息子「石垣直角」が、名門の学校萩明倫館に入学して、周りを巻き込みながら成長していくというのがメインだが各エピソードに登場する「石垣直角」の周りが自分の身を顧みずと直角と向き合って成長を促していくのがすごい良い

途中の選挙編、生徒会長編とか多少とかマンネリを感じするところはあるが最後のエピソードはそんなことはどうでもよくなるくらいすごい良い内容だった。

そういや石垣直角の名前で思い出したけど小池一夫小池一夫原作の「御用牙御用牙」に登場した「大野木玄蕃」が石垣直角ってあだ名だったな。小山ゆうが昔小池一夫のところにいたのに関係あるのかな

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー