一番下のコメントへ

月刊少年シリウスで始まった遠藤浩輝新連載。姉、民族、復讐、能力、SF…みんなが大好きな要素を詰め込んだ超王道でワクワクする1話だった!2話以降どんなふうに展開するのか楽しみ!

【あらすじ】
舞台はスラースと呼ばれる惑星。
地球人(アーシアン)の母を持つスラース人の少年・シンタは、地球人に差別を受けて育ち、現在は叔父と従姉に引き取られ辺境の街で暮らしている。
スラース人は腕にヒビのような模様や、顔に黒いマークを持つだけでなく、独自の言語や小刀を受け継ぐ文化を持っているが、人工の7割を占める地球人から差別を受けている。

ある日従姉が襲われたことで、シンタの小刀が真の力を発揮する。

【1話】

2話読んだ。

・レガリアでレガリアは切れない
・レガリアはバリアも出せる
・シンタは唯一の三次認承獲得者

なんか盾と矛みたいな設定になってるの気になる
シンタにはこのまま復讐の道をガンガン突き進んでほしい

用語が多すぎて分からん。。。
雰囲気とか状況とか設定、絵は好きだけど用語が多くて…
せめて距離ぐらいヒュオートとか聞いたこともない図りじゃなくて
フィートとかメートルとかキロで表してほしい、世界観維持のためには仕方ないことだとは思うがわかりにくい

用語が多すぎて分からん。。。 雰囲気とか状況とか設定、絵は好きだけど用語が多くて… せめて距離ぐらいヒュオートとか聞いたこともない図りじゃなくて フィートとかメートルとかキロで表してほしい、世界観維持のためには仕方ないことだとは思うがわかりにくい

用語が多すぎて分からん。。。 雰囲気とか状況とか設定、絵は好きだけど用語が多くて… せめて距離ぐらいヒュオートとか聞いたこともない図りじゃなくて フィートとかメートルとかキロで表してほしい、世界観維持のためには仕方ないことだとは思うがわかりにくい

@名無し

わかる
小難しい用語がたくさん出てくるのがSFの魅力だってわかってるんだけど、自分の頭がそれに追いつかないから大変なんだよなー

コメントする
10/21(木)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー