化粧は自分のためにするもの

一番下のコメントへ

一話目を読んで、やはりメイクは人のためにではなく自分のためにするものだよなと改めて思った。
でもたぶんたぶん、一話の主人公のように、すっぴんを千原ジュニアだと言われて彼氏に逃げられて「やっぱ自分のメイク力すげえ」には、普通はならない。笑

二話目はネイルの話。
好きなアイドルグループをデザインに落とし込んだネイルで明らかに私生活私生活と仕事の自信につながっている…
これはわからない人には「え?」という場面だけど、わかるひとには「わかるーーーーー!!!」というシーンである。

二話目はネイル...

今回はちょっと嫌だった。アバヤとシェーラの下が輝くように美しくても、ムスリムの女性には自由がない。一夫多妻も許されている。女だけのサロンで生き生きしていても、それは美しいだけの金魚鉢みたいなものに見えてしまう。思い切り美しく身を飾れるのも、ほかにすることがないからとか、別の妻との競争ということがあるとしたら、みすぼらしくてももっさりしていても、私は今の生活を選ぶと思う。ヒロインも選べるからこそ日本へ帰ってきたのだろうし。

たしかに今回の話は“何者にも縛られない自分のためのメイクやオシャレ”というテーマではなかったのかな。
ドバイの女性たちは、自由にではなく、戒律に反しないところでできる限りのオシャレをするしかない、という現実は変わらない。
まあでも主人公がいい感じに変われたと思うので良いかと。

あっさりした最終回。
メイクで自信をつけて仕事もできるようになり友達も増える……という結論が、ちょっとキレイすぎて胡散臭い(雑誌の裏表紙の広告のよう)けれど、良い話だったと思います。

前々回の北郷さんの話がいちばんおもしろくて、何度も読んでしまった。全体的に、自分を堂々と肯定する感じが好き。メイクの話だけどメイクしない自由というのがあるのもいいし、メイクできれいになった結果が単純に恋人ができるということでもないのも、かえってリアルリアルでよかった。

pixivコミックの扉絵?これ単行本のカバーなのかな。かわいい。

『浪費図鑑』の劇団雌猫が贈る話題書をコミック化! メイク道を爆進するうちにあだ名が「叶美香」になった女、 “推しネイル”にハマって猛練習する女、 仕事場での“アドバイス”にうんざりしている女など、 メイクを通して見えてくる、「社会」や「自意識」と戦う女たちの悲喜こもごも。 「...

一話目を読んで、やはりメイクは人のためにではなく自分のためにするものだよなと改めて思った。 でもたぶん、一話の主人公のように、すっぴんを千原ジュニアだと言われて彼氏に逃げられて「やっぱ自分のメイク力すげえ」には、普通はならない。笑

一話目を読んで、やはりメイクは人のためにではなく自分のためにするものだよなと改めて思った。 でもたぶん、一話の主人公のように、すっぴんを千原ジュニアだと言われて彼氏に逃げられて「やっぱ自分のメイク力すげえ」には、普通はならない。笑

@nyae

>「やっぱ自分のメイク力すげえ」

この主人公のポジティブさめっちゃ好きwwぺこぱばりの前向きさ素敵

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み
banner