これはいい三十路の役者漫画だ!

一番下のコメントへ

これはいい!
現時点で三話まで読んだけど、これからどんどん面白くなりそう!
高橋一生みがあってめっちゃいい。
二話あたりから勝手にあの声で台詞が再生され始めてしまった。

わたしの宇宙わたしの宇宙
いかづち遠く海が鳴るいかづち遠く海が鳴る
潜熱潜熱
野田彩子野田彩子新連載

いまだ無名の天才役者・宝田多家良と、同じ劇団で彼の才能を見出して絶望し彼を世界一の俳優にするべく奔走する役者仲間(友人)の鴨島友仁。
世界はまだ天才を発見していない。
が、明らかな天才の片鱗はそこかしこにばら撒かれ少しずつバレ始める。

自分より明らかに突出した才能を持つ人がいたら、その人がその才能以外の社会生活能力が欠如していたら、どうにかうまくいくよう手伝いたくなる、光の当たるところまで押し上げたくなるという気持ちは分かりたくないが、すごく分かる。
二人の関係性は光と影というよりは、光と光の影というような感じ。
相反するものではなく、二人は共生し追随していく形がしっくりくる。
人前に出て脚光を浴びるのは宝田多家良だが、ある意味で前を行き手を引くのは鴨島友仁なのだ。いや、二人にはそうであってほしい。

事務所のマネージマネージャー冷田一恵は一見クールな反面、冷ややかに熱い情念を持っていて、それが宝田多家良に対しての感想に現れててグッとくる。
淡々としているようで宝田多家良の魅力に冷静に熱を上げている。
これはとてもいいものだ!
細部にいたるまで褒め挙げ連ねるそれはもはやファンやオタクのようだ。
おかげで宝田多家良がそれほどまでに魅力があり、世界にバレるのを待っているような説得力が生まれている。

野田彩子さんは人と人の関係性、間にある空気、感情の機微、隠した感情と表れる表情を描くのが上手だな~と思っていたのだけど、なんて言えばいいのか今作でそれがより立体的になっているような気がする。
「わたしの宇宙」「いかづち遠く海が鳴る」のような少し変わった設定のSFめいたものでもなく、「潜熱」のような限定的な関係性でもない、そのはじめの一歩一歩先の、地に足の着いた社会や影響力、人生のような部分を描いているからかもしれない。
天才と、彼を取り巻く人々、その人生。

この作品を毎月webでの更新を待つか、単行本で一気に読むか迷うけど、うーん、これは毎月チェックしてしまうかな~。
楽しみ!

コメントする
reread
また読みたい
フォロー