一番下のコメントへ
user_private
フラット芸能事務所

2019年1月11日(金)連載スタート!!(月1更新)

【連載ページ】

【掲載媒体】WEBヒーローズ

【レーベル】ふらっとヒーローズ

【著書】《野田彩子 名義》
いかづち遠く海が鳴る
潜熱

【著書】《新井煮干し子 名義》
化学部のメガネ
もらってください

【作者Twitter】
https://twitter.com/engraulis

感想はハッシュタグ「漫画ダブル」 でツイート!

=====【登場人物】=====

無名の天才役者…宝田多家良(30)

友人で役者…鴨島友仁(30)

フラット芸能事務所マネージャー…冷田一恵(30)

近年人気の俳優…轟九十九(30)

【第一幕解説】

皆さんはじめまして!編集部のIです。 ついに野田彩子先生の新連載『ダブル』の連載がスタートしました!! 読者のみなさんの中には、演劇にあまり馴染みがない方もいるかと思います。 もちろん、演劇用語が分からなくても『ダブル』 […]

「ゆうじん」と「たから」って。
キャラの立ち位置ど直球の名前で潔い

次回が2月15日だから、月イチ更新かな

3話の更新来てた 2話でマネージャーさんが「多家良のアップには強い魅力を感じる」って言ってたけどほんとそれ 横顔ふつくしい…高橋一生かよ
camera

3話の更新来てた 2話でマネージャーさんが「多家良のアップには強い魅力を感じる」って言ってたけどほんとそれ 横顔ふつくしい…高橋一生かよ

3話の更新来て...
@名無し

私も高橋一生だと思った…!

はあ〜ッ、4話めっちゃよかった…良すぎる…!!

・友仁と2人きりのとき
・人前にいるとき
・役に入っているとき

場面によって多家良の顔が全然違うのがすごい!!

この役者が与える印象の違いを作画で見事に表現してて最高すぎる…

多家良は完全にメソッド俳優のやり方でやってきているみたい。(こんなやつ↓)

映画のキャラクターを人格・深層心理レベルまで掘り下げて、その役に「なりきった状態」で演じるスタイルの演技法はメソッド演技法と呼ばれています。アメリカ映画で最高の栄誉とされるアカデミー賞では、このメソッド演技法の影響を受けた「メソッド・アクター」がオスカー像を手にする確率が高いのですが、何故その...


ドラマの世界だとキャラクターよりも俳優の個性とかパッとのわかり易さの方が重要視されるのは納得かも。
そのなかでも友仁とのセッションで役柄を自分の中に作り上げていく過程は鳥肌立ちました。

丁寧な作品ですね。期待。

最新話まで読んじゃったから津田寛治のインタビュー読んでみたんだけど、めちゃくちゃおもしろかった!!

『ダブル』は「役者が主人公の漫画」ということで、実際に演技の現場で活躍されている方々に取材をさせて頂いています。今回お話を伺ったのは、北野映画や人気ドラマ『9係』シリーズでお馴染みの、俳優・津田寛治さん。ヒーローズの読者 […]

模倣犯に出演するまでの話がもはや漫画じゃんてくらいドラマチックで興奮した。マネージャーさんが俳優のために営業したり頭下げて回るの、ダブルそのままで熱い…!

ちなみに津田さんが好きで読んでたという、仙台の劇団漫画はマンガ図書館Zで読めるっぽい。

かどたひろしBLUE CITY

【BLUE CITY】仙台の街を舞台に大学生のエーケン達3人を中心とする青春群像。エーケン、良太郎、葵は街中で「彼女を取り合う2人の男」などを演じて、通行人の反応を楽しんでいるストリートパフォーマンス集団。ある日、演技だと見抜かれてアドリブをしかけてきた男に敗北感を味わうが、その謎の男が次に仕...

対談相手の801ちゃんがすでに熱いツイートをしていた。
これは絶対楽しいイベントですね。

うおーすごい。メ芸マンガ部門優秀賞。おめでとうございます!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー