移民、青春、そして故郷

一番下のコメントへ

1980年代、内戦の続くモザンビークから東ドイツへ渡った3人の若者たち若者たちが主人公。
東ドイツで青春時代を過ごした経験が、それぞれの「故郷」との関係を変えることになる。

党に理想を抱く真面目なジョゼ
未来がないことを理解し遊びを大切にするバジリオ
残された家族のために働くアナベラ

本文によると、この3人は作者がインタビューを行った実在のドイツ移民たちを「結晶」したものだという。

彼らの生活は、東ドイツという先進社会主義国の雰囲気、先のない単純労働、移民差別によって窮屈だったけれど、決してそれだけではなかったのがとても印象的だった。
女の子と遊んだり、恋人に出会ったり、勉強を頑張ったり、映画・小説・ファッションを楽しんだりしっかり青春もしていた。
(東ドイツで出会った絵本や映画、アイスクリームのラベルなどが、フォトコラージュのように描かれるところがとても素敵)

鬱屈した遠い異国の地で、彼らなりに日々に楽しみを見出し生きている姿は、読んでいてとても眩しい。

だからこそ、移民であるために訪れた残酷な青春の終わりには強い喪失感を覚えずにはいられなかった。

それぞれが迎えたその後の人生は、日本でずっと暮らしている自分の想像も及ばない、深い怒りと悲しみに満ちていて、彼らの感じた激しい想いが、インクの色と形とリンクして訴えかけてくるのが壮絶。

故郷を離れたことがある人も、ない人も。
この本は故郷とは何かを見つめ直すきっかけになる本だと思う。

1980年代、...

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み