文字通り命を削って描かれ(てしまっ)たVRMMOファンタジー

一番下のコメントへ

 「たとえ灰になってもたとえ灰になっても」の鬼八頭かかし鬼八頭かかし先生と「魔装学園H×H魔装学園H×H」を手掛け小説家で脚本家の久慈マサムネ久慈マサムネ先生による豪華タッグで始まった、美少女VRMMOファンタジー小説のコミカライズ。他のクラスメートクラスメートと敵対する魔王としてアサイアサインされてしまった根暗主人公、という点には一見してそこまで目新しさがないかもしれませんが、自分を倒そうと向かってくるヒロインを催淫魔法で迎え撃つという悪魔的かつ心躍るストーリーに感嘆。(成年男性向けコミックスでは基本的に竿役は背景あるいは空気として描かれがちなので、男性主人公の、しかも魔王の一人称視点って珍しいんですよね)
そんな感じで激化していくであろう闘いを楽しみに読んでいたのですが、作画担当の鬼八頭先生の訃報が飛び込んできてしまいました。。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00010000-huffpost-soci

 「たと灰」も楽しく読ませていただいていたのでとてもショックなニュースです。エクスタス・オンラインエクスタス・オンラインの連載の今後についての発表はまだ無いようですが(2/27 14:25現在)未完のまま終了となる可能性が高いでしょうね。アニメ化なども視野に入るくらい人気になれば別の作画の人を立てて続行あるいは新連載というのも考えられなくはないですが、鬼八頭先生の絵ではこれ以上読めない喪失感を埋めることはできそうもありません。
 最後になりましたが、鬼八頭かかし先生のご冥福をお祈りいたします。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー