会話劇主体でカルロ節フルスロットルな作品

一番下のコメントへ

相変わらずのカルロ・ゼンカルロ・ゼン節全開の作品ではあるんだけど、「幼女戦記幼女戦記」と比較すると戦闘シーンはやや少なめで、会話劇のほうに重点を置いている感がある。冒頭に世界観の説明が全然ないのと残虐シーンがまあまああるのでサムネバイバイ感は否めないけど、その辺りに耐性があれば間違いなく楽しめる作品。初見時にはやっぱり「BLACK LAGOON」のような雰囲気を感じてたけど、1巻を通して読むとどちらかというと「ヨルムンガンドヨルムンガンド」のほうが近いような気がする。
しかしカルロ・ゼン同志の作品は「幼女戦記」「テロール教授の怪しい授業テロール教授の怪しい授業」そして今作とそれぞれの作風に合った方に作画を担当して頂けていて、脚本の魅力が最大限に引き出されているのですばらしい。
ただ今作に関しては戦闘の要素が少なめで会話の言い回しの比重が大きいので、もともとコミカライズを想定して描かれた作品ではないような印象を受けた。拷m…じゃなかった、『非暴力的』かつ『合法的』な『強度尋問』のシーン辺りが地の文で表現しようとするとエグくなってしまうのかなあ…いやマンガでも十分エグいけど
1巻まで読了。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー