壮大なタイトルを掲げたけれど、この作品はBLというよりも、傷を負った人がどう立ち直るかがテーマだと思った。ギャグとシリアスのバランスがよく読んでいて飽きがこない。過去と現在にまたがる登場人物同士のつながりもあり、きちんと伏線が回収されている。最終的に劇的に何かが解決されるわけじゃないんだけど、時間は進んでいくという結末も切なくて好き。

それまでBLは受け入れられなかったのですが、この漫画が素晴らしすぎて乗り越えてしまいました。以降、よしながふみ先生の作品はほぼ追いかけております(キッツイのを除く)。

それまでBLは受け入れられなかったのですが、この漫画が素晴らしすぎて乗り越えてしまいました。以降、よしながふみ先生の作品はほぼ追いかけております(キッツイのを除く)。

@すみ

自分は「西洋骨董洋菓子店」ってBLの入門書として丁度いいのではと思っていたのですが、まさにこれがきっかけで壁を超えられたんですね…!

自分は2巻の衝撃的な終わり方が大好きで…BLという枠を超えていち漫画として惹き込まれました。

自分のトラウマをどうやって乗り越えるのかにコメントする
user_private
『西洋骨董洋菓子店』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ