のちに天才として世界的に有名になってそう

圧巻のSFダークファンタジー巨編。
バンドデシネ好きや、松本大洋大友克洋寺田克也弐瓶勉宮崎駿鶴田謙二ドロヘドロドロヘドロ好きな人。好きな人には特に響きそうな構図のダイナミックさ、話の壮大さ、絵の緻密さ、気持ちの良いシーンや動きがあって素晴らしい。
その系譜に連なる凄味がある。

これは紙で買ってよかった。
装丁もいいし大型本で万歳!
先日、サイン会があったらしいが行けなかったのが悔やまれる。

冒頭に出てくるアリスとヘビと番号とドア。
ページをめくるたびにいろんな世界を見せてくれる。
中盤までのそれぞれの欲望を描くのも悪夢のようで不気味で良かったが、中盤以降の加速度的に変わっていく展開にはどんどん前のめりになって読んでしまった。
少しずつ世界の仕組みや謎が解かれていくポイントも気持ちよく、いいラストだった。

この単行本自体、鈍器になりそうな重さがあるがこのマンガのテーマとも合っていて、それでこそという感じ。
いろんな人に知ってほしい一作。

コメントする
また読みたい
フォロー
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー