(物理的にも内容的にも)重量感抜群

ダークファンタジー斯くや有らんと言うような圧倒的な絵の書き込みと、前半から畳み掛けてるのに後半に進むに従って更に勢いを重ねるストーリー。300ページ超なのに一瞬で読み終えてしまう、でも世界観にはどっぷり入り込める。
商業作品ではなかなか感じられないB5サイズの本の重量感と紙の端まで印刷された画面の壮観さが素晴らしい。私は普段は電子書籍派ですが、紙で買って全く損はない作品。

(2019/5/16追記)「あなたのクチコミで1人が買いに行きました!」の通知が来ていたので念の為。
今作は電書単行本化されておらず、かつamazonでの取扱いも今のところなさそうです。調べてみた結果TSUTAYAAYAでしか取り扱ってなさそう。直リンクを貼っていいかどうかわからないので、興味を持って頂いた方は「BIBLIOMANIABIBLIOMANIA 蔦屋」で検索してみてください。

コメントする
また読みたい
フォロー
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー