すずさん、道さん

一番下のコメントへ

映画化大ヒットの『この世界の片隅にこの世界の片隅に』や『夕凪の街・桜の国』などの広島を舞台にした連作で名高いこうの史代こうの史代ですが、今回紹介するのはそんな彼女の初期の作品である『長い道長い道』です。

舞台は戦時でも広島でもなく、業田良家業田良家の『自虐の詩自虐の詩』にも似たちょっとダメな感じの新婚夫婦を短編連作形式で描いているのですが、至る所に後の広島連作に通ずるモチーフやエッセンスが出てくる出てくる。『長い道』はこうの史代の原石の宝庫と言っても過言ではないかもしれません。

スターシステムを採用しているので『この世界の片隅に』のすずさんと、『長い道』の道さんは同じ顔なのですが、二人の共通点は顔だけでなく、それぞれの世界の捉え方、ここにもひとつあると思います。すずさんや道さんの目からはいったいどのように"この世界"がみえているのでしょうか。

なぜ、こうの史代がすずさんや道さんのような人物を主人公に選ぶのか、そこには彼女が座右の銘にしているというアンドレ・ジッドの言葉「私はいつも真の名誉を隠し持つ人間を書きたいと思っている」に深い関係がありそうです。こうの史代の世界にやられてしまった人はジッドの代表作のひとつ『田園交響楽』もおすすめです。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー