一番下のコメントへ

主人公だけが状況に自覚ないままに進んでるのが心地よい。
ここからどのように転がっていくのか楽しみ。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー