都会とちがった心苦しさ

ニドクイーン

太田出版からの浅野いにお、少し大人なえろさ。

心が無ければできないことがあり、心がなくてもできることがある。
14歳っていう若さの中での少年、少女の悩みに、息苦しさ描かれていて、とってもいい意味で憂鬱にさせられなした。
タイトルもよく、私は、ラストシーンが大好きでした。

コメントする
投稿者名