重松成美新連載。IKKIの印象が強かったけど、女性誌に移ったんだね。『BABEL』は読んでいたのでまた描いてくれて嬉しい。

室町時代の申楽者の観阿弥の息子、鬼夜叉が主人公。観阿弥が一世一代の新作を書き上げ足利義満の前で披露する第一話。

『BABEL』もそうだったけど、文化的なところと神とかの神秘的なものを組み合わせるのがうまくて、申楽というテーマが重松成美にはまっていると思う。あとはまぁ歴史的にもかなりの大人物を扱っているのでドラマもたくさんあるだろうし、そういえばロマンスだったしで面白くなっていきそう

絵柄、すごく変わったね。申楽を見にくる人たちの絵はデフォルメがすごく効いていて人形みたいなかわいさだった。

観阿弥はいいお父さんって感じで存在感がそんなにないので、世阿弥である鬼夜叉と足利義満の関係が落ち着いたら、もう少しスポットが当たればいいな。

BLなのかなぁって思って読んでいたら、エゴからアガペーへという表現者としてのステップをこれまで描いているんだなと、最終ページの柱コメントで理解できた

申楽を題材にした室町ロマンス、重松成美のBE・LOVE新連載にコメントする
『花コイ少年』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる