2巻でタイムリープの法則がより明らかになってさらに急展開が続く

一番下のコメントへ

東卍の2巻が発売された。タイムリープの仕組みも結構詳細にわかったし、現代に戻ったことで過去が変わると現在も変わるっていうのが確証に変わった。
んで、現在を劇的に変えるためにはドラケンをどうにかしなきゃいけないっていう次の目標も決まって面白くなってきている。

とりあえず残念なのは、ドラケンとマイキーの出会いを描いたヤングマガジンヤンマガ掲載の読み切りが収録されていなかったことだな。一区切りついたら収録するのかな。

質問なんですが、過去に戻るトリガーがナオトなのは分かるのですが1番最初に過去に戻る時はナオトは死んでいるはずなのになぜ過去に戻れたのでしょうか?分かる方いたら説明お願いしますm(*_ _)m

血のハロウィンハロウィンが終わり集会にてタケミチが壱番隊長に選ばれた後、現代に戻ってくるとタケミチの置かれている状況と過ごした12年間が(8月の抗争が終わり現在に戻った時と比べると)大きく変化ましたが相変わらずタケミチは12年間何があったのか把握することができていませんでした。
そして12年間でタケミチは巨悪化していた事になっていました。
そうなってしまった原因とは、
タイムリープで身体を乗っ取られる前の過去のタケミチは『現代からタイムリープして来たタケミチが過去で歴史を変えようと行動している期間(東京卍會にとって非常に重要な出来事)』に何があったか把握できていなかったからでは…と考えました。
また、『血のハロウィン』にて場地が東京卍會をタケミチに託した時の言葉や一虎を殺そうとしていたマイキーを命懸けで止め一虎の命を救った出来事・東京卍會の誕生したキッカケ・千冬がタケミチに壱番隊長を託した時の言葉も
タイムリープで乗っ取られた状態ではない方のタケミチは全てそれらを把握出来ていない事になっているのでは…。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー