一番下のコメントへ

ちょっと前にCMガンガンやってて気になっていたので読んでみた。
いうほど恋愛押しではなくて、魔法使いの日常系マンガかなっておもった。
ただ、人外萌えというカテゴリーへの理解は深まったな

日常系……とはちょっと違う気がするなぁ。
最初のうちはそう言っても、まあわからなくもないけど、物語が進むごとに、だんだんと深い闇と光の世界へ侵食していく感じ。
もう日常系なんて言ってる場合じゃないよ。

コメントする

次のクチコミ

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

『まほ嫁』スピンオフのバディアクション!
ANAGUMA
ANAGUMA
1年以上前
『魔法使いの嫁』のスピンオフマンガ! 主人公は幼少期に「チェンジリング(取替子)」によって人間に育てられた妖精ジャックと妖精に育てられた人間ラリー。彼らが成長してコンビを組み、魔法絡みの事件を解決するためニューヨークを駆け巡る! 原作は舞台がイギリスで、ゆったりした時間の流れが味わいになってますけど、本作はニューヨークの賑々している感じとアクションの派手さで特徴つけてるなと思いました。 そしてバディものはやはりいい。 取替子として育ったジャックは人間の世界に馴染みきれない寂しさを抱えていて、それを同じ境遇のラリーと一緒に過ごすことで和らげている。この関係性やキャラクター造形も混沌と孤独の街ニューヨークが舞台になっているのが超効いてます。最高…。 ジャックちゃんがニッポン・アニメのオタクなのもツボ(かわいい)。 ただカワイイだけじゃなく、物語のキャラクターに自分のあこがれを重ねて、格好良くあろうとしているのもグッときます。彼女が一人前になるのを応援したくなりますね。 僕は原作途中で止まっちゃってたんですけど本作に触れて読むの再開しました。 『まほ嫁』の広大な世界観の一片を個性的に使いながらも、原作の魅力もいや増すような良スピンオフだと思います!
魔法使いの嫁 詩篇.75 稲妻ジャックと妖精事件
泣きながら戦う剣士と竜の子供の旅
user_private
名無し
1年以上前
女剣士は、感受性が強すぎて斬りつけると涙を流してしまう・命が惜しくて姫を見捨てたっていう主人公向きではない性格。竜の子どもも長らく幽閉されていて、世界のことを全然知らないし別に力も強くなくておおよそ竜らしくない。 旅をして、怪しい仲間ができて、敵や盗賊に襲われたりして、だんだん剣士(もしくは人)らしく、そして竜らしくなっていく。剣士・魔法・竜とファンタジー要素は揃っているので、ファンタジー好きにはお勧めできる。
グレンデル
また読みたい
フォロー